HOME > 現地レポート > デイキャンプ(日帰り・週末1泊2日) > 10/20-21デイキャンプ「乗馬体験」1日目

現地レポート

< 10/14日帰りコース「湘南釣りクラブ」  |  一覧へ戻る  |  10/20-21デイキャンプ「水族館お泊まりツアー」1日目 >

10/20-21デイキャンプ「乗馬体験」1日目

特急ふじさん号に乗って元気よく出発。
お弁当を食べ終える頃には、窓の外に稲刈りを終えた田園風景が広がっていました。
目的地のビッグマウンテンランチへ着くと、さっそく乗馬のできる格好に着替えて集合です。


今回初めて馬に乗る子たちは、引き馬からのスタートです。
高い馬の背からみる風景におっかなびっくりの様子でしたが、馬場をまわるうちに余裕が出て、笑顔をみせるようになりました。
1020jb.jpg


馬に乗るときは、自分の行きたい方向をしっかりと馬に伝えてあげないといけません。
手綱をきつく握りすぎると馬はイヤになって言うことを聞かなくなってしまいます。
逆に、手綱を緩く持ちすぎても、馬が自分勝手に行動し始めてしまうので行きたい方向に進めません。
「すごく楽しかった!」と「なんだか難しかった」との感想が半々くらいになりました。


空いてる時間は馬房の掃除をします。
これも馬が病気にならず、元気に過ごしてもらうための大切な作業です。
せっせとボロを掻き出して、きれいなおがくずを敷くまで、経験者の子たちに教えてもらいながら一生懸命掃除をしました。

さて、夕方を過ぎるとお天気は崩れて気温も低くなってきました。
交代でシャワー浴を済ませながら、屋根のあるスペースで野外調理をしました。

本日は「塩ちゃんこ鍋&味噌ちゃんこ鍋」。
おなかいっぱい食べてから室内でゲーム大会をしました。
jb1020.jpg
「キャッチ」や「震源地」をしてひとしきり楽しんだあとには、希望者に明日への意気込みを話してもらいました。

「明日は背筋をしっかりのばして乗る!」
「馬の気持ちを感じてみる!」
それぞれ目標を掲げてからお開きとなりました。

明日もみんなが決めた目標を果たせるように、たくさん馬と過ごして帰りたいと思います。

つんたん


カテゴリ:

< 10/14日帰りコース「湘南釣りクラブ」  |  一覧へ戻る  |  10/20-21デイキャンプ「水族館お泊まりツアー」1日目 >

同じカテゴリの記事

10/20-21デイキャンプ「水族館お泊まり」帰着時間について

17時の時点で高速道路の渋滞により到着が17:30前後になることが見込まれます

お子さまの到着まで今しばらくお待ちくださいませ。

担当ディレクター川島


10/20-21デイキャンプ「水族館お泊まりツアー」1日目

本日出発しました鴨川シーワールドでの「水族館お泊まりツアー」の様子です。
品川を出発したバスは「海ほたる」で休憩をしながら鴨川へ。
特に渋滞することもなく11時半頃には鴨川シーワールドに到着、ほんとにあっという間でした。


さて、荷物を置いたらさっそく班ごとに見学に回りました。
ここでは「イルカ」「シャチ」「アシカ」「ベルーガ」とそれぞれ見所たっぷりのショーが、時間をずらして絶えずどこかで見ることができます。
いちばん有名な「シャチ」のショーでは派手な水しぶきで前の方の席は全身ずぶ濡れになるそうです。
子ども達が椅子に座って待つ間も係の人が「絶対に濡れます!濡れないわけがありません」「チョット濡れるくらいだろう、などという甘い考えは捨てて下さい!」としきりにあおっていて、子ども達も不安と期待が高まってきました。
いざ、ショーが始まるとミニバン位はあるシャチの巨体が、ジャンプする度に水の塊が飛んできて「キャー」とか「ウォー」とか場内が大騒ぎ。
用心して上の方に陣取っていた子どもは「もっとかけて欲しかったー」と言っていましたが、とにかく大迫力のショーでした。
コミカルでまるで人間のように振るまうアシカのショーや、ベルーガの不思議な能力をわかりやすく解説してくれるアカデミックなショー、スピーディーで躍動感あふれるイルカのショー。それぞれとても魅力的に作ってあるショーでした。
ショーのあいまに眺めるセイウチ、アザラシ、ペンギン、ウミガメ、魚たち...、どれも距離が絶妙に近くて可愛らしさや迫力があり、子ども達も水槽に夢中で顔を近づけていました。
イルカやシャチの方も子ども達に興味を持ち、水槽に近づき、ガラス一枚隔ててにらめっこをしてくれて子ども達も大喜びでした。
18102011-320x213.JPG


10/20-21デイキャンプ「水族館お泊まりツアー」1日目の続きを読む

10/14日帰りコース「湘南釣りクラブ」

おはようございます。
本日のデイキャンプ日帰りコース「「湘南釣りクラブ」第6回ブラクリで穴釣りにチャレンジ!」は、予定どおり、プログラムを実施いたします。
みなさまのお越しを楽しみにお待ちしております。


湘南自然学校 平成ガキ大将養成キャンプ事務局


10/13-14デイキャンプ「たき火キャンプ」1日目

本日出発しました「たき火キャンプ」の様子です。
電車に揺られて1時間半あまり、青梅に着く頃には周りはだいぶ山に囲まれてきました。
途中乗り換えをした青梅の駅のホームでは「ラッピング列車」の出発式をしていました。


さて、キャンプ場に到着したらお弁当タイム。
腹ごしらえを済ませたらさっそく「火おこし」に挑戦です。
3種類の道具を使って小学生から幼児まで一生懸命がんばっていました。
いちばん最初に煙を出したのはさすがの小学生チームでした。
18101311-320x213.JPG


回すのにコツがいる火おこし器を上手に使っていますが、あと少しでなかなか麻紐で作った火口に火がつきません。
幼児さんチームも器用に「弓切り式」の道具を使っていました。
擦った後を恐る恐るさわり熱くなったのを確認してもう一踏ん張りと頑張っていました。


10/13-14デイキャンプ「たき火キャンプ」1日目の続きを読む

9/29-30「稲刈り体験」現地の状況と解散時間 について

デイキャンプ1泊2日コース「稲刈り体験」におきまして、現在の状況と解散時間についてご案内致します。


現地の天気はお昼まで曇りで、稲刈り体験およびお餅つきも予定通り行うことができました。
新幹線も台風の影響を受ける前の到着が見込まれます。
したがいまして、抵抗通り15:48発の新幹線に乗車し、17:10に解散とさせていただきます。


なお、首都圏のJR在来線が20時より計画運休することを鑑み、解散式は割愛し、担当スタッフよりご報告させていただき次第そのまま解散となります。
解散場所については変更はございません。
また、混乱を防止するために出発時と同じように班ごとに整列してから解散致します。


お子さまの到着楽しみにお待ちくださいませ。


担当ディレクター 川島(ごり)


このページのトップへ