HOME > 現地レポート > 冬休みスキーキャンプ > 1/12-14鹿島槍2日目(1/13)

現地レポート

< 1/12-14鹿島槍1日目(1/12)  |  一覧へ戻る  |  1/19-20デイキャンプ「スキー&雪遊び」1日目(1/19) >

1/12-14鹿島槍2日目(1/13)

キャンプの朝はあっという間にやってきます。ぐっすり寝た子ども達は、元気よく朝食タイムです。
身支度を終え,ゲレンデに出てきました。
今日の午前中は晴れ間が差し、暖かい中でレッスンができました。
午後になると風が出てきて、少し寒くなりましたが、みんな元気に雪と戯れました。
さて、今日の子どもたちの様子をお伝えします。


2日目になるとリフトに乗る班がどんどん出てきます。
始めは、降りる際に転んでしまったりすることもありましたが、慣れてくるとご覧のとおりリフトの上でもリラックス。
何本も滑り、どんどん上手くなっていきます。
20190113_01.jpg


全コースが開いているので、今日は山頂まで続く10番リフトも乗車可能です。
リフトを降りると眺めが抜群!青木湖まで見える、景色がとても綺麗でした。
林道コースを滑るロングコース、たっぷり滑ってみんな満足気でした。
20190113_02.jpg

休憩時間には、雪遊びも行います。
幼児のメンバーは小さいカマクラを作っていました。
ウサギが入れるくらいの小さなカマクラでした。
20190113_03.jpg

入浴、夕食後はお楽しみのキャンドルファイヤーです。
鹿島槍に古代ローマ人のような風貌の神様が現れました。
キャンドルに火を灯し、はじまりはじまり。
リーダーが考えて考えて考えたゲームが盛りだくさん。
笑いの絶えない1時間となりました。
20190113_04.jpg

最後は、山から女神様が登場しました。
キャンプの思い出と共に、ありがたい言葉をいただき、楽しいキャンドルファイヤーは終演。
と、思ったら、小学生女子班が考えたシナリオのリーダー劇がリクエストされました。
辻褄が合わない、おはしなお話に、大爆笑のひと時でした。
20190113_05.jpg

明日は最終日ですが、荷物整理後、スキーをしてから帰りたいと思います。

じゅんじゅん


カテゴリ:

< 1/12-14鹿島槍1日目(1/12)  |  一覧へ戻る  |  1/19-20デイキャンプ「スキー&雪遊び」1日目(1/19) >

同じカテゴリの記事

1/12-14鹿島槍1日目(1/12)

連休コース1日目、新宿を出発したバスは渋滞もなく13時30分にはスキー場に到着。
バスの中では、リーダーのレクリエーションで楽しみ、おやつを食べて過ごしました。
部屋に入り、たくさん滑れるぞ~と早速準備に取り掛かりました。


20190112_01.jpg
ゲレンデに出てきた、子どもたち。まずは集合写真を撮り注意事項を確認します。
15時を回りましたが、それほど寒くなく1時間ほどスキーを楽しめました。


1/12-14鹿島槍1日目(1/12)の続きを読む

1/4-7鹿島槍3日目(1/6)

キャンプ3日目ともなるとリーダーが声掛けをしなくても、起きたら着替えて、「ご飯行こう」と子どもたちが進んで動くようになってきました。

ゲレンデを巡回していると、滑りに安定感が出て、スピードも徐々に上がり、新たな感覚を楽しんでいる班が多くありました。
DSCN8383.JPG
リーダーの後を追って滑るトレイン滑走もとてもきれいなライン取りに。

1/4-7鹿島槍3日目(1/6)の続きを読む

1/3-6鹿島槍3日目(1/5)

早いもので2019年スキーキャンプも3日目となりました。
今朝の鹿島槍の空は細かい雪がちらついていました。


ビュッフェスタイルの朝食をとり、装備を整えゲレンデに集まる子ども達。
スキーの身支度を調えるのも馴れてきました。
全員そろったら記念撮影。
19010511OI000112-320x212.jpg


1/3-6鹿島槍3日目(1/5)の続きを読む

1/4-7鹿島槍2日目(1/5)

2日目の様子をお伝えします。

朝ごはんのバイキングを食べて元気モリモリの子どもたち。
午前中は、緩やかな斜面で基礎練習に励む班やリフトを使い始める班が増えてきました。
DSCN8249.JPG
「開いて~」というリーダーの掛け声で、ハの字(プルーク)を作る練習をしました。

1/4-7鹿島槍2日目(1/5)の続きを読む

1/4-7鹿島槍1日目(1/4)

「あけましてあめでとう」のあいさつから始まったスキーキャンプ鹿島槍。
出発式からバス車内においても、元気あふれる子どもたちと沢山笑った1日でした。

お昼ご飯休憩をとる諏訪湖S.A.に到着する間際で、窓の外の雪を見つけた子どもたちから「ゆーき!ゆーき!ゆーき!」と雪コールが沸きあがり、スキーへの期待が膨らみます。
道路も順調に進み、14時前には到着し、さっそくゲレンデに集合。

DSCN8193.JPG
スキー初心者班は、まずスキー板の滑る感覚や雪の感触を色々な練習を交えて体感します。
写真は、片足にだけスキー板を履いて平らな場所を歩く練習。

1/4-7鹿島槍1日目(1/4)の続きを読む

このページのトップへ