HOME > よくある質問 > 持ち物のご案内の最近のブログ記事

よくある質問 持ち物のご案内の最近のブログ記事

デイキャンプ(日帰り・週末1泊)の持ち物

品名 備考
お弁当 出発当日の昼食
※プログラムによっては必要ない場合もございます
水筒 ペットボトル可
お菓子 少量で結構です。
夏場は、溶けやすい物は避けてください。
常備薬 服用方法について、ご集合時に担当リーダーへお伝えください。
レジャーシート 昼食時に使用します
レインウェア(雨合羽) 天気によりご持参ください。
プログラムによっては雨天でも予定どおりのプログラムを行う場合があります。
運動靴(スニーカー) 履き慣れたものを履いてきてください
帽子 日よけ用
夏場は必ずかぶってきてください。
タオル 1泊コースはバスタオル(ラップタオル可)もご準備ください。
※プログラムによっては、入浴がないため不要の場合がございます。
着替え ※1泊コースのみ
Tシャツ、パンツ、靴下、など。
パジャマ ※1泊コースのみ
部屋着と兼用で結構です(翌日の洋服で代用可)
洗面道具 ※1泊コースのみ
歯ブラシなど(シャンプーやボディソープは当方で用意いたします)
ビニール袋 ※1泊コースのみ
レジ袋(大)の大きさで結構です。洗濯物入れ、ゴミ袋などとして使用します
持ち物持参表
健康管理表
※1泊コースのみ
ご記入の上、ご持参ください(出発のご案内に同封します)。
保険証のコピー 封筒に入れ封をした状態でバッグの内ポケットなどに入れてご持参ください。
その他 プログラムによってご準備いただくものが異なります。
詳しくは、出発のご案内にてご確認ください。

サマーキャンプ(夏休み)の持ち物

品名 備考
着替え Tシャツ、下着、靴下、ズボンなど。
日にちごとに袋に分けてご準備ください。
※虫(蚊、ブヨなど)刺され予防には長ズボンが有効です。
パジャマ 神津島・式根島:Tシャツ、ショートパンツ可(翌日の洋服で代用可)
西伊豆・小菅村・中津川:現地(宿泊場所)の標高が高いため、長袖、長ズボンを必ずご用意ください。スウェット上下で代用可。
長袖Tシャツ
(トレーナー)
長ズボン
着替えとは別に動きやすいものでご準備ください
レインウェア(雨合羽) 雨天でもプログラムを行う場合があります
運動靴(スニーカー) 出発時に履いてきてください
帽子 日よけ用
水着 フローティングベストのストラップによる股ずれ予防のため、男子は競泳用ではなく短パンタイプのもの、女子は水着の上に履く短パン(ラッシュレギンス)もご用意ください。
ラッシュガード あるとより快適に活動いただけます。
ジッパータイプではない長袖タイプをオススメします。
水中メガネ 希望される方はご持参ください。
マスク 西伊豆・神津島・式根島:お子様の顔の大きさにあったものでシリコン製をオススメします
※レンタル可能、別途レンタル代がかかります(西伊豆は無料)
小菅村・中津川:希望される方はご持参ください。
スノーケル 西伊豆・神津島・式根島:排水弁のついたもの
※レンタル可能、別途レンタル代がかかります(西伊豆は無料)
小菅村・中津川:希望される方はご持参ください。
フィン(足ひれ) 西伊豆・神津島・式根島:なくても結構ですが、あればご持参ください。
※レンタル可能、別途レンタル代がかかります(西伊豆は無料)
小菅村・中津川:必要ありません
バスタオル・タオル バスタオルはラップタオルやマイクロファイバータオルでも結構です。
洗面道具 歯ブラシなど(シャンプーやボディソープは現地にあります)
ビニール袋 レジ袋(大)の大きさで結構です。洗濯物入れ、ゴミ袋などとして使用します。
ウォーターシューズ(アクアシューズ)または替えの運動靴 川や海で使用します。上履きなど濡れてもよいもの、または、メッシュ地のウォーターシューズなどをご用意ください(足の指まで覆われているものが望ましい)。
なお、クロックスのような軽量ゴムサンダルは脱げやすく滑りやすいためお避けください。
スノーケリングの際は、マリンシューズやスノーケリングシューズでも結構です。
常備薬 原則、ご持参いただいた薬を使用しますので、服用方法をガイドブック内健康管理表に記入してください。
乗り物酔いが心配な方は酔い止め薬をご持参ください。
※神津島・式根島では冷蔵保存が必要な薬はお預かりできません。
筆記用具・色鉛筆 ガイドブックの絵日記を記入する時に使用します。
懐中電灯 神津島および式根島のみ
小さいもので結構です。ヘッドランプであれば、より便利です(式根島は必須)。
虫除け
痒み止め薬
リキッドタイプの虫除けや虫除けリングなど。痒み止めも併せてご用意ください。
日焼け止めクリーム 西伊豆・神津島・式根島:必要に応じてご用意ください
ナップザック
(サブザック)
ハイキングなどのプログラム時、レインウェア、水筒、タオルなどを入れます。
軍手 お子様の手の大きさに合ったもの。
お弁当 出発当日の昼食
※神津島・式根島では、必要ありません。
水筒 復路は、復路は現地にて水道水を補給します。
お菓子 車中でしか食べませんので、少量で結構です(キャンプ中は食べません、また、当校から提供することもありません)。
溶けやすい物は避けてください。
ガイドブック 必要事項をご記入の上、ご持参ください(出発の最終ご案内に同封します)。
保険証のコピー 封筒に入れ封をした状態でバッグの内ポケットなどに入れてご持参ください。
その他 詳しくは、出発のご案内にてご確認ください。

スキーキャンプ(週末・冬休み・春休み)の持ち物

品名 備考
下着 日にちごとに袋に分けてご準備ください。
パジャマ 部屋着と兼用で結構です。
アンダーシャツ スキーウェアの下に着る保温性があるもの
アンダータイツ スキーウェアの下に履く保温性があるもの
防寒着(中間着) セーターやフリースなど、寒い時にアンダーシャツの上に着用。
スキーウェア ご家庭で防水スプレーをかけ、よく乾かしてからご持参ください。
※レンタル可能(別途、レンタル代がかかります)
スキーセット
(スキー板、スキーブーツ、ストック)
長年使用していなかったものや譲り受けたものは事前に状態やサイズをご確認ください。
※レンタル可能(別途、レンタル代がかかります)
スキー用靴下 スポーツソックスなどやや厚手のハイソックス
スキー用手袋 スキー用でお子様の手の大きさに合ったもの(大きすぎると却って寒かったり簡単に脱げてしまったりします)。
※午前と午後で交換できるように必ず2組ご用意ください。
帽子
スキー用ヘルメット
耳が隠れるもの(毛糸・フリース製が良い)。
安全上、ヘルメットの着用をお勧めいたします(自転車用ヘルメットでは代用できません)が、スキー経験や荷物の量などを考慮しご判断ください。
※ヘルメットのレンタルはありません。
スキー用ゴーグル 目の保護のためご持参ください(サングラスは不可)。
防寒用の小物 ネックウォーマーなど、防寒グッズをご持参いただいても結構です。
バスタオル・タオル バスタオルはラップタオルやマイクロファイバータオルでも結構です。
洗面道具 歯ブラシなど(シャンプーやボディソープは現地にあります)
ビニール袋 レジ袋(大)の大きさで結構です。洗濯物入れ、ゴミ袋などとして使用します。
スリッパなどの上履き ホテル館内は外履きで移動しますので、あれば便利です。
常備薬 原則、ご持参いただいた薬を使用しますので、服用方法をガイドブック内健康管理表に記入してください。
乗り物酔いが心配な方は酔い止め薬をご持参ください。
筆記用具・色鉛筆 ガイドブックの絵日記を記入する時に使用します。
リップクリーム
日焼け止めクリーム
必要に応じてご用意ください。
お弁当 出発当日の昼食
水筒 ペットボトル可
復路は、お小遣いから飲み物を購入します。
お菓子 車中でしか食べませんので、少量で結構です(キャンプ中は食べません、また、当校から提供することもありません)。
ガイドブック 必要事項をご記入の上、ご持参ください(出発の最終ご案内に同封します)。
保険証のコピー 封筒に入れ封をした状態でバッグの内ポケットなどに入れてご持参ください。
その他 詳しくは、出発のご案内にてご確認ください。

このページのトップへ