• 現場日記
  • フォトアルバム
  • スタッフ紹介
  • ボランティアスタッフ募集
  • 仕事を頼みたい
  • 森のようちえん

HOME > 現地レポート > 冬休みスキーキャンプ > 12/26-29鹿島槍3日目(12/28)

現地レポート

< 12/26-29つま恋3日目(12/28)  |  一覧へ戻る  |  12/26-30鹿島槍3日目(12/28) >

12/26-29鹿島槍3日目(12/28)

鹿島槍3泊4日コースの3日目の様子です。


今朝は雪は止み時おり青空も見えるグッドコンディションになりました。
鹿島槍をバックにひとまず記念撮影。
PSX_20191228_214927.jpg


PSX_20191228_213851.jpg


昨夜の降雪で休憩中やゲレンデ上で、映える写真が撮れるほどしっかり雪景色です。
PSX_20191228_214800.jpg

PSX_20191228_214211.jpg
そして子ども達に朗報がひとつ、今朝から第3リフトがオープンして滑れるコースが増えました!

初心者チームももう初心者ではありません。
PSX_20191228_214105.jpg

元初心者の1年生女子のあまりの上達ぶりに「ものすごく上手になったね!」とほめたら、「だって自信持ってるもん」と答えが帰ってきました(笑)。
聞けば、昨晩転ばなくなるように神様にお願いをしたそうです。
メンタルコントロールがとても上手ですね。
午前、午後と滑り「カーブ(ターン)できるようになった!」とか「スピード出せるようになって気持ちよく滑れるようになったよ」とそれぞれ上達したようです。

初心者チームや湘南自然学校認定級で6~7級相当(初歩のプルークボーゲン)くらいまでの子ども達には上達具合を確認できる認定証を渡しました。
残念ながらパラレルターンを目指すぐらいの中上級レベルになると進級チェックをできる斜度のコースが開いていないため、新しい級には進んでいません(取得済みの認定級を渡しています)。

4時頃までたっぷり滑って体も冷えましたので、入浴と夕食のあったかタイムで体力回復です。

夜はキャンドルファイヤーを行いました。
見覚えのある「ファイアーやろう」が持ってきた炎でキャンドルに灯をともしてゲームスタート。
さすがに100人もいるとすごい盛り上がりでした。
PSX_20191228_214349.jpg

最後は山の女神による分火で幕を閉じました。

ここまで雪不足によるゲレンデの混雑はありましたが、滑走時間は満足できるほど滑れていると思います。
ただ、昨日までは元気だった子ども達ですが、少し消化不良気味で看護ルームで休む子どもも数人出てきました。

引き続き体調管理に十分気を配りながら明日もスキーを楽しんで帰りたいと思います。
お迎えのほどよろしくお願いいたします。

ごり


カテゴリ:

< 12/26-29つま恋3日目(12/28)  |  一覧へ戻る  |  12/26-30鹿島槍3日目(12/28) >

同じカテゴリの記事

12/26-30鹿島槍4日目(12/29)

本日は、体調不良のメンバーへの対応が重なったためスキー中の写真を撮ることができませんでした。
申し訳ありません。

以下、本日の活動報告です。
4日目も晴天が続きました。
鹿島槍ヶ岳もくっきり見えて、リフトの上からの景色はとてもきれいだったと教えてくれました。

気温は昨日ほど冷え込むことなかったようでした。
一部のメンバーは「お帰り~、今日は暑かったよ!!」と言っていましたが、さすがに暑いことはないでしょうと思いましたが、子どもたちが元気そうでホッとしました。
通常のスケジュールだと、今日はスキー検定の日にあたります。
しかし、今回は滑れるコースが緩斜面のみだったので、10~6級までは検定を実施。
5級以上の検定は前年ながら実施することができませんでした。
昇級を目指していた子どもたちは残念がっていましたが、これも自然の遊びならではなので理解してね。
また雪が増えた時に挑戦して欲しいです。

コースが多く空いている時は、いろんな斜面を滑ることで滑りの柔軟さを身に着けることが多いのですが、今回は同じ斜面を滑り込んでいるからそこ全体的に滑りの精度がグッと高まったように感じます。

夕方ゲレンデが日陰になる頃までたっぷりと滑り、4日目のスキーを終えました。

DSCN1657.JPG
こちらはレストラン会場。
食事は元気の源。美味しいご飯パワーで、体力回復しよう!

12/26-30鹿島槍4日目(12/29)の続きを読む

12/26-30鹿島槍3日目(12/28)

今日の天気は1日晴れ。
とても清々しい青空が広がりました。
そして、稼働リフトが増えたことで、遊びの幅も広がります。
DSCN1631.JPG

3日目を迎え、体がスキーに馴染んできたことで、リーダーの見本を真似できる柔軟性が出てきました。
どの班も確実に上達が見え、子どもたちから滑りに対するリクエストがあがる班もあります。
新たに空いたコースは、まだ積雪量が少ないことで真っ平なコースではなく、自然の地形が雪面に残っている状況。
そのため、右と左のターンの大きさが常に一定ではなく、その場の地形に合わせたターンが必要になるためとても良い練習になりました。

12/26-30鹿島槍3日目(12/28)の続きを読む

12/26-29つま恋3日目(12/28)

3日目を迎えました。
ここまで大きな体調不良もなく、元気に過ごしています。
天気は晴れ、気温は低かったですが、外で遊ぶには問題ない天気でした。
さて、今日はどんなスキーになったでしょうか?


いよいよ幼児のスキー初めてメンバーもリフトに挑戦です。
プルーク補助具(トライスキー)を板の先に着けて滑り始めました。
「行きたい方を見て~」とリーダーの声が響きます。
4歳のメンバーも頑張りました~。
2019122801.jpg


12/26-29つま恋3日目(12/28)の続きを読む

12/26-30鹿島槍2日目(12/27)

5日間コースの様子をご報告します。

今日は朝から夜までたっぷりと雪が降り、鹿島槍スキー場が全面雪で染まりました。
滑るのは同じ1コースでも、雪質やゲレンデの混雑具合も変わるので、子どもたちがその時々の状況に合わせた滑りができるようにスキーレッスンを進めました。
DSCN1487.JPG

午前中は比較的リフトも空いていたので、のびのびと滑ることができました。
リフトに乗っている時は寒くて体がブルブル震える時もありますが、滑り始めると寒さは吹き飛びます。
だるまさんが転んだやジャンプしてターンをする班など、それぞれの子どもたちのレベルに応じて遊び要素を取り入れます。
滑っていると、時間はあっという間。
とは言え、雪が降り続く中でどの班の子どもたちもタフに滑っていました。

12/26-30鹿島槍2日目(12/27)の続きを読む

12/26-29鹿島槍2日目(12/27)

鹿島槍3泊4日コースの2日目の様子です。


今朝の天気は雪です、それもボタボタ落ちるような早い雪でした。
それでもゲレンデが少しづつ白くなっていくのを見て食堂から眺めて、子ども達もテンションが上がってきました。


朝食後は早速スキー班でスキーレッスン開始。
午前中から気温が下がってきて冬らしいコンディションになりました。
降り続く雪に負けずに初心者班はハの字の練習です。
PSX_20191227_165240.jpg


12/26-29鹿島槍2日目(12/27)の続きを読む

このページのトップへ