HOME > 現地レポート > アーカイブ > 2016年12月 > 2ページ目

現地レポート 2016年12月 2ページ目

12/23-25鹿島槍2日目(12/24)

2日目の朝、外は子どもたちのひざ下くらいまで新雪が積もっていてみんな大喜び。
朝食を済ませ、テキパキとスキーの準備を進めゲレンデに集合します。
降りたての雪がよほど美味しそうだったのか、ペロッと味見をしている子どもたちもいました。


スキー班に分かれ、レッスンが始まります。
初心者班は片方だけ板を履いて歩く練習や緩斜面で滑ったり止まったり遊びを交えて練習しました。
練習中、転んでしまう友達や上手く滑れない友達に対して「いっしょにがんばろうよ」とお互いに声を掛け合い助け合いながら取り組んでいる姿がとても印象的でした。
そして、念願のリフトに乗ってゲレンデの上部へ移動し、トライスキー(補助具)を使って滑ります。
最初は、ゆっくりと慎重に滑っていき慣れてきたら少しずつ1回に滑る距離やスピードをステップアップし、最後にはトライスキーを外して滑ることができたメンバーもいました。
経験者班は、ハの字でターンをする練習やスピードをコントロールしながら様々なリズムでターンをしながら滑る練習に挑戦。
20161224_171100.jpg


12/23-25鹿島槍2日目(12/24)の続きを読む

12/23-25鹿島槍1日目(12/23)

本日より、待ちに待ったスキーキャンプが始まりました。
新宿を出発した子どもたちは、班の友逹と自己紹介やキャンプネーム(キャンプ中に呼び合うあだ名)を決めるとバスの中が賑やかに。
その後は、バスレク大会で楽しい時間を過ごし、14時頃にスキー場へ到着しました。


早速スキーをするための準備を進めていきます。
「なんだこの重たくて固い靴は!?」と、普段はいている靴とスキーブーツの違いに驚いている子どもや「久しぶりのスキー楽しみだな」と、今日のスキーを待ち望みにしている子どもなど様々な姿が見られました。
準備を終えた子どもたちはゲレンデに集合。
スキー中のお約束や雪の危険について全員で確認し、スキー班に分かれてレッスンスタート!


スキーが初めての子どもたちは、平地や緩やかな斜面を使って練習をします。
実際に板をはいて歩いたり、緩斜面を滑ってみたりとスキー板に慣れるところから始めました。
最後に行った緩斜面を滑る練習が面白かったようで、「あしたもがんばってれんしゅうしたい」と意気込んでいました。
その一方で、今回の中上級者班はリフトを使ってスキーを楽しみます。
ゲレンデで滑れたのが嬉しかったようで「あしたもたくさんすべりたい」と話していました。
20161223_155314320.jpg


12/23-25鹿島槍1日目(12/23)の続きを読む

12/4デイキャンプ日帰りコース「ダンボールクラフト」

おはようございます。
本日のデイキャンプ日帰りコース「「ダンボールクラフト」つくってあそぼう」は、予定どおり、プログラムを実施いたします。


みなさまのお越しを楽しみにお待ちしております。


湘南自然学校 平成ガキ大将養成キャンプ事務局


<<前のページへ12

« 2016年11月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »

このページのトップへ