• 現場日記
  • フォトアルバム
  • スタッフ紹介
  • ボランティアスタッフ募集
  • 仕事を頼みたい
  • 森のようちえん

HOME > 現地レポート > 冬休みスキーキャンプ > 12/26-30鹿島槍4日目(12/29)

現地レポート

< 12/26-29鹿島槍3日目(12/28)  |  一覧へ戻る  |  1/3-5八海山1日目(1/3) >

12/26-30鹿島槍4日目(12/29)

今朝はこれまでの疲れが出たせいか、起床後の動きがゆっくりだった5日間コースの子どもたち。
ゲレンデに出て、冬山の澄んだ空気を全身に吸い込むとスキーモードに切り替わります。

滑り始めの数本は、みんな集中しているので滑りにキレがあります。
PC293678.JPG

4日目ともなると、初心者メンバーも次々に新しいコースを開拓します。

滑り出す前には、遠目に見えるきれいな雪山と湖の景色が目に飛び込んできました。
PC293690.JPG

初めて滑るコースは、いきなりいつもの調子で滑らず、スピードコントロールを重視して慎重に滑ります。
コースの斜度感や雪質が分かると、その状況の中でいかに楽しく、気持ちよく滑れかを考えて自分なりの滑り方でチャレンジを重ねていく子どもたち。
PC293694.JPG

さぁ、林道コースへ出発だ~!
PC293707.JPG

お気に入りのコースは、リラックスしてのびのびと滑っていました。
PC293714.JPG

上級班は着々とスピード感をあげて、先頭を滑るリーダーに離されないように全力で喰らいついていました。
PC293667.JPG

リフトの止まる16時30分まで滑り切って、リーダーも足がパンパンなはず。
最後のリンゴ風呂で体の疲れを癒しましょう。

夜は、子どもたちが荷物を整理する時間を取りました。
今日のうちに済ませることで、最終日もたくさん滑れるはず。
帰り支度を終えた子どもたちは、ドリームキャッチャーの続きやサイン集めをしていました。
きれいな星型に仕上がりましたね☆
PC283662.JPG

スキー中の転倒で一時的に休憩したメンバーはいましたが、今日まで看護部屋の使用は0人。
子どもたちもマスクの着用や手洗い消毒など、協力をしてくれたおかげです。

お疲れメンバーは一足早くベッドに入っています。
明日の最終日も楽しい思い出を作ってもらえるように、子どもたちと目一杯遊んで帰ります。

お迎えのほどよろしくお願いいたします。

にいやん

カテゴリ:

< 12/26-29鹿島槍3日目(12/28)  |  一覧へ戻る  |  1/3-5八海山1日目(1/3) >

同じカテゴリの記事

1/4-6鹿島槍1日目(1/4)

電車とバスを乗り継ぎ、鹿島槍スキー場にやってきました。
窓の外の雪に、子どもたちもワクワク。

着替えを済ませて、ゲレンデに集合。
今年は雪がたくさん!どこでも滑れる状態です。
さぁ元気にいってみましょ~。

上級班は少数精鋭。
初日からリフトに乗りゲレンデを颯爽と滑り降りていました。
kashima010401.JPG


1/4-6鹿島槍1日目(1/4)の続きを読む

1/3-6鹿島槍2日目(1/4)

鹿島槍スキーキャンプ4日間コースの二日目の様子です。

今朝は粉雪がちらつく空模様でした、朝食後着替えを済ませて外に出る子ども達。

初心者班は幼児も小学生も午前中から始めてのリフト乗車にどんどんチャレンジしました。

始めてのリフトからのゲレンデ滑走、この時はまだ緊張してました。
PSX_20210104_190726.jpg


1/3-6鹿島槍2日目(1/4)の続きを読む

1/3-5八海山2日目(1/4)

朝、目が覚めてからはまず検温をして体調をチェック。
その後、みんなが楽しみにしているわかいさんの朝ごはん。
今朝も美味しいご飯に大満足な子どもたち。

9時前にはスキー場へ移動し、班ごとに滑り始めました。

滑りにゆとりが出てきたことで、カメラを向けると笑顔を返してくれます。
P1043814.JPG

1/3-5八海山2日目(1/4)の続きを読む

1/3-6鹿島槍1日目(1/3)

お待たせしました3泊4日コースのスキーキャンプ初日の様子です。

新宿を出発したバスの車内では、DVDを見ながらのんびり過ごしました。長野県に入ると気がつくと回りは雪景色になっていました、「さすがだなー」という男の子の一言。

無事に到着後、4時近くからレッスン開始。フワフワの雪が降り続くナイスコンディションの中さっそくハの字の練習。
PSX_20210103_205252.jpg


1/3-6鹿島槍1日目(1/3)の続きを読む

1/3-5八海山1日目(1/3)

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本日より2021年のキャンプがスタートしました。
今回のスキーキャンプ八海山は、参加者9名と少人数ですが、班の隔たりもなくアットホームな雰囲気で過ごしています。

越後湯沢駅に着く頃には「大吹雪だ~」と子どもたちが大興奮。
実際は、軽く雪が舞っている程度でしたが、子どもたちにとっての雪はそれだけ非日常ということでしょう。
宿の送迎バスでおよそ50分、八海山麓にあるペンションわかいに到着です。
お昼ご飯を食べて、スキーの準備を済ませたら再びバスに乗り込みスキー場へ移動。

ゲレンデを背にして全員で記念写真。
この後、平地や緩やかな斜面で軽く足慣らしをし、3つのスキー班に分かれてスキーレッスンが始まります。
P1033721.JPG

1/3-5八海山1日目(1/3)の続きを読む

このページのトップへ