• 現場日記
  • フォトアルバム
  • スタッフ紹介
  • ボランティアスタッフ募集
  • 仕事を頼みたい
  • 森のようちえん

HOME > 現地レポート > 冬休みスキーキャンプ > 1/3-5八海山2日目(1/4)

現地レポート

< 1/3-6鹿島槍1日目(1/3)  |  一覧へ戻る  |  1/3-6鹿島槍2日目(1/4) >

1/3-5八海山2日目(1/4)

朝、目が覚めてからはまず検温をして体調をチェック。
その後、みんなが楽しみにしているわかいさんの朝ごはん。
今朝も美味しいご飯に大満足な子どもたち。

9時前にはスキー場へ移動し、班ごとに滑り始めました。

滑りにゆとりが出てきたことで、カメラを向けると笑顔を返してくれます。
P1043814.JPG

昨日の基礎練習を緩斜面でおさらいです。
P1043834.JPG

整地だけではなく、自然の地形が残った場所を積極的に滑り込んで体幹を刺激します。
P1043816.JPG

緩やかな斜面では、感覚をつかんで板がそろい始めたメンバーもいました。
P1043832.JPG

いろはす率いる初心者メンバーは、ついにロープウェイに乗り、5キロにわたるロングコースに挑戦。
全員自力で最後まで滑り切ることができました。
P1043851.JPG

その間、たっぷりと降り積もっている新雪を自分の技術でどう滑るかを葛藤している2人。
整った斜面を滑っているだけでは気が付けない、色々なヒントを体で感じたことでしょう。
頑張りました!
P1043842.JPG

滑っている写真ばかりですが、どの班も滑りに行く先々で、雪遊びも満喫していました。
P1043861.JPG

夕ご飯は、魚のムニエルとチキンの照り焼き、そして新潟の郷土料理「のっぺ汁」。
どれもとても美味しく、今夜もご飯が進みました。

夜の時間は、子どもたちが荷物を整理する時間。
帰り自宅を済ませ、明日もたっぷりと滑る作戦です。

片づけが終わったメンバーからフリータイムとして、ドリームキャッチャー作りの続きやカードゲームなどをして過ごしています。

この環境にもすっかり慣れて、のびのびとキャンプ生活を堪能しています。
とは言え、雪の降り続く中、1日滑り切ってきましたので体は疲れているはず。
全体の疲労感を踏まえて、まもなく消灯します。

にいやん

カテゴリ:

< 1/3-6鹿島槍1日目(1/3)  |  一覧へ戻る  |  1/3-6鹿島槍2日目(1/4) >

同じカテゴリの記事

1/4-6鹿島槍1日目(1/4)

電車とバスを乗り継ぎ、鹿島槍スキー場にやってきました。
窓の外の雪に、子どもたちもワクワク。

着替えを済ませて、ゲレンデに集合。
今年は雪がたくさん!どこでも滑れる状態です。
さぁ元気にいってみましょ~。

上級班は少数精鋭。
初日からリフトに乗りゲレンデを颯爽と滑り降りていました。
kashima010401.JPG


1/4-6鹿島槍1日目(1/4)の続きを読む

1/3-6鹿島槍2日目(1/4)

スキーキャンプ鹿島槍「4日間コース」、2日目の様子です。


今朝は粉雪がちらつく空模様でした。
朝食後着替えを済ませて外に出る子ども達。


初心者班は幼児も小学生も午前中から始めてのリフト乗車にどんどんチャレンジしました。
初めてのリフトからのゲレンデ滑走、この時はまだ緊張してました。
PSX_20210104_190726.jpg


午後には「もう一度乗りたい!」と言えるまで上達しました。
トライスキー(ハの字の補助具)もどんどん卒業しています。


1/3-6鹿島槍2日目(1/4)の続きを読む

1/3-6鹿島槍1日目(1/3)

2021年もどうぞよろしくお願いいたします!
では、さっそく。
お待たせしました、スキーキャンプ鹿島槍「3泊4日コース」の初日の様子です。


新宿を出発したバスの車内では、DVDを見ながらのんびり過ごしました。
長野県に入ると気がつくと回りは雪景色になっていました、「さすがだなー」という男の子の一言。


無事に到着後、14時近くからレッスン開始。
フワフワの雪が降り続くナイスコンディションの中、まずは「ハの字」の練習から。
PSX_20210103_205252.jpg


1/3-6鹿島槍1日目(1/3)の続きを読む

1/3-5八海山1日目(1/3)

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本日より2021年のキャンプがスタートしました。
今回のスキーキャンプ八海山は、参加者9名と少人数ですが、班の隔たりもなくアットホームな雰囲気で過ごしています。

越後湯沢駅に着く頃には「大吹雪だ~」と子どもたちが大興奮。
実際は、軽く雪が舞っている程度でしたが、子どもたちにとっての雪はそれだけ非日常ということでしょう。
宿の送迎バスでおよそ50分、八海山麓にあるペンションわかいに到着です。
お昼ご飯を食べて、スキーの準備を済ませたら再びバスに乗り込みスキー場へ移動。

ゲレンデを背にして全員で記念写真。
この後、平地や緩やかな斜面で軽く足慣らしをし、3つのスキー班に分かれてスキーレッスンが始まります。
P1033721.JPG

1/3-5八海山1日目(1/3)の続きを読む

12/26-30鹿島槍4日目(12/29)

今朝はこれまでの疲れが出たせいか、起床後の動きがゆっくりだった5日間コースの子どもたち。
ゲレンデに出て、冬山の澄んだ空気を全身に吸い込むとスキーモードに切り替わります。

滑り始めの数本は、みんな集中しているので滑りにキレがあります。
PC293678.JPG

4日目ともなると、初心者メンバーも次々に新しいコースを開拓します。

12/26-30鹿島槍4日目(12/29)の続きを読む

このページのトップへ