• 現場日記
  • フォトアルバム
  • スタッフ紹介
  • ボランティアスタッフ募集
  • 仕事を頼みたい
  • 森のようちえん

HOME > 現地レポート > デイキャンプ(日帰り・週末1泊2日) > 2/12-14デイキャンプ「週末スキーキャンプ石打」2日目(2/13)

現地レポート

< 2/5-7デイキャンプ「週末スキーキャンプ六日町」2日目(2/6)  |  一覧へ戻る  |  2/12-14石打「現地の状況をお伝えします」(2/13、23:22) >

2/12-14デイキャンプ「週末スキーキャンプ石打」2日目(2/13)

昨晩は予定通りの行程で旅館へ到着し、早々に就寝しました。

今朝、朝食後にスキー支度を整えて石打丸山スキー場へ。
中央ゲレンデの混雑状況を踏まえて、ハツカ石口エリアから滑り出します。
天気は、快晴。
ゴーグルをしっかり付けていないと目が開けていられないほどの眩しさです。
前々回に参加したメンバーが「この前と違うスキー場みたい」と驚いていました。
※その時はたくさん雪が降っていて、山頂は全く見えませんでした。

スキー班に分かれて、それぞれレッスンをスタート。
経験班はリフトを使い、まずはウォーミングアップをしつつ、スキー班の入れ替えをして班を整えます。
一方、スキー初心者班は1時間ほど、雪慣れするために、平地で歩く練習やスキーの板をハの字型に開き出す練習。
そして、リーダーが引っ張っても、ハの字で止まれるかをチェック。
これに合格して午前中の早いタイミングからリフトを使い始めました。
P2131192.JPG

トライスキー(補助具)も使いながら、子どもたちにはスキーで滑ることの楽しさを体感してもらいます。
滑る距離を徐々に伸ばし、滑って止まる、滑って曲がるなど、子どもたちのスキーに自由度を持たせていきました。

始めは怖がっている様子もありましたが、コースを半分も滑ると心にゆとりが出てきましたね。
P2131206.JPG

気温も10℃前後と温かいので、寒さを感じない分違和感なくスキーに取り組むことができました。
まずはリーダーの後をついて、スピードのコントロールをしよう。
P2131177.JPG

お昼ご飯は一旦旅館へ戻ります。
子どもたちの予想?希望?は的中したようで、お昼ご飯はとっても美味しいパスタ。
お腹を満たして、午後もたっぷり滑ります。

滑りが安定してきたので、午後からはリフトを乗り継いで滑る範囲が一気に広がりました。
チェリー班は、3本のリフトを経由して林道コースへ。
P2131229.JPG

ごりが率いる中上級メンバー。
中央ゲレンデから、山頂付近まで滑りに行きました。
また、最新型リフトのサンライズへ乗るために、ゲレンデ上部から最下部まで下り、念願のゴンドラに乗って空中散歩を楽しんできたそうです。
S__5955586.jpg

最高の天気とゲレンデコンディションに恵まれ、子どもたちの気分は爽快。
こういう日は、「上手く滑ろう」よりも「気持ちよく滑ろう」と自然と気持ちがシフトします。
S__5955590.jpg

合間の雪遊びも子どもたちにとっては大切な時間です。
誰が一番遠くまで雪を投げられるか選手権ということで始まった雪投げ。
結果がどうなったかはさておき、そこに集まったみんなで、一緒に楽しさを分かち合えることができるのはキャンプの醍醐味。
この笑顔こそ、子どもたちが成長していくために必要な栄養だと思います。
P2131239.JPG

16時過ぎまで雪を満喫して、旅館へ戻りました。
その後は、少人数のローテーションでお風呂タイム。

そして、お楽しみの夕ご飯。
お昼ご飯のパスタに感動していた子どもたちが、食堂をのぞき込んでいました。
どのおかずもとても美味しかったのですが、子ども人気ナンバーワンは、断トツでビーフシチュー♪
おかわりの声が止まりませんでした。

夕食後から就寝時間まではグループタイム。
荷物整理の時間は共通で、その他の過ごし方は班ごとに決めました。

みたらし班は、お風呂前にやっていた遊びの続きをしていた様です。
チェリー班は、暖かい服装をして少しだけ近所を散歩して帰ってくるはずが、夜の雪遊びをして戻ってきました(笑)

元気があり余っているようですが、体力的にはかなり消耗しているはず。
幼児班は既に消灯しましたが、小学生班も9時には消灯予定です。

ケガや体調に不調を訴えることもなくみんな元気に過ごしているので、まずはゆっくり眠って身体をリセットしましょう。
おやすみなさい。

にいやん

カテゴリ:

< 2/5-7デイキャンプ「週末スキーキャンプ六日町」2日目(2/6)  |  一覧へ戻る  |  2/12-14石打「現地の状況をお伝えします」(2/13、23:22) >

同じカテゴリの記事

2/12-14石打「現地の状況をお伝えします」(2/13、23:22)

先ほど、緊急地震速報が流れました。
現地は問題ありませんので、取り急ぎ、ご安心ください。


新潟では震度3~4ほどの揺れでした。
旅館では、我々スタッフはかろうじて揺れを感じる程度で、お子様はぐっすり眠っています。


既に数件のお問い合わせをいただいておりますが、旅館(宿泊施設)へ直接お電話されるのはお控えいただけますようお願いいたします。
やむを得ずご連絡が必要な方は、出発の最終ご案内に記載した携帯電話番号までお電話ください。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。


担当ディレクター;北澤(にいやん)


2/5-7デイキャンプ「週末スキーキャンプ六日町」2日目(2/6)

昨夜は新幹線で湯沢に到着すると、昨年に比べ雪の多さにびっくりしていました。
到着後は就寝準備をして明日に備えおやすみしました。


今日は快晴の天気で気温も暖かく、ゲレンデに出た後、服を1枚脱いでスキーウエアの下はインナー1枚という子もいましたね。
日差しが熱いため、積もった雪も少し溶けて重い感じになりましたが、圧雪されたゲレンデは気持ち良く滑ることができました。
20210206_01.jpg


スキー初心者班(しゃけ班)もリフトをいっぱい乗って、林道コースなども滑りプルークボーゲンの練習をしました。


2/5-7デイキャンプ「週末スキーキャンプ六日町」2日目(2/6)の続きを読む

1/29-31デイキャンプ「週末スキーキャンプ石打」2日目(1/30)

お待たせしました。週末スキーキャンプ石打、子ども達の様子です。


昨晩から降り続けた雪は今朝には30cmくらいは積もっていました。
子ども達は窓の外に広がる、白の多い景色を見てかなりテンションがあがっています。


さて、美味しい自家製コシヒカリのしっかり朝御飯を食べて午前中のスキーレッスンスタート!
ちなみに天気は雪でバサバサと降り積もっています。
ゲレンデ脇に行くと泳げるくらいです。
PSX_20210130_170035.jpg


1/29-31デイキャンプ「週末スキーキャンプ石打」2日目(1/30)の続きを読む

1/22-24デイキャンプ「週末スキーキャンプ六日町」2日目(1/23)

上野駅から新幹線に乗り、雪国新潟へ。
今年は雪がた〜くさん。送迎バスから見えるのは、雪の壁。
昨年とは違う景色でした。


朝食を食べ終えると、身支度を整えて、ゲレンデへ。
今回は、6人の子どもたちですが、スキーは3班に分かれました。


上級班は、早速リフトに乗り滑り始めました。
ウェーブや林道コース、そしてジャンプしたりと、さすがの上手さでした。
1F5F5BDF-D2E8-4C41-8627-EB63369BFAD1.jpeg


1/22-24デイキャンプ「週末スキーキャンプ六日町」2日目(1/23)の続きを読む

1/15-17デイキャンプ「週末スキーキャンプ石打」2日目(1/16)

昨晩は、予定通りの行程で越後湯沢駅まで移動しました。
送迎バスに乗り換え、窓から見える雪の壁に子どもたちは大興奮。
飯酒盃旅館に到着してからは、やや興奮気味ではありましたが、早々に就寝しました。


今朝はリーダーが声をかけるまでぐっすり眠っていました。
朝食を食べ、スキーウェアに着替えたらスキー場へ出発です。


3つのスキー班に分かれたら、それぞれスキーレッスンをスタートします。
天気はあいにくの小雨。
しかし、石打丸山スキー場のリフトはシートヒーターとフードのついた最新式。
幼児班や初心者メンバーは、ゴンドラでの移動なのでみんなご機嫌です。
1610793055678.jpg


1/15-17デイキャンプ「週末スキーキャンプ石打」2日目(1/16)の続きを読む

このページのトップへ