HOME > 現地レポート > 冬休みスキーキャンプ > 2/10-12鹿島槍2日目(2/11)

現地レポート

< 2/10-12鹿島槍1日目(2/10)  |  一覧へ戻る  |  2/10-12鹿島槍、帰着時間について(17:30) >

2/10-12鹿島槍2日目(2/11)

今朝は一面に濃い霧が掛かり、その後の天気に不安がありましたが、子どもたちが外に出る頃には青空が見え始めました。
経験班の大半が早々とリフトを使い、遊ぶエリアを広げます。
しかし連休中ということもあり、ゲレンデが混雑し始めたので無理は禁物。
安全に楽しく過ごしましょう。


スキー初挑戦のメンバーは、滑る練習と止まる練習を何度も繰り返し、自分で出来ることを増やしていきます。
転んでしまうこともありますが、リーダーの力を借りずに立ち上がろうとする姿はとてもたくましく、感動を覚えます。
20180211171356.jpg


そうこうしているうちにもうすぐお昼休憩。
午前最後の1本では、雪山と青空のコントラストがとてもきれいでした。
20180211122124.jpg

昼食は牛丼を食べ、部屋でひと休み。
午後からは新たなチャレンジとして鹿島槍名物コースのスーパー林道や山頂へ足を伸ばす班もありました。
雪遊びも交えながら、曲がる練習やウェーブコースなど子どもたちの遊び場はつきることがありません。
後半では天気が一変、気温が下がり、斜面も固くなってきました。
まさに自然と遊ぶということを体感する1日に。
またスキーレッスンの合間に検定も実施しました。
初心者班は主に練習内での認定でしたが、緊張感をもって1人ずつ滑った班もあります。
検定の結果は夜のお楽しみに。

お風呂に入ってからは、お土産屋さんでとっておきの長野土産をチョイスしていましたよ。
そして、ドキドキのスキー級認定式。
リーダーから認定証が手渡されました。

まぶたの重たそうなメンバーもちらほら見えましたが、夕食を食べ終えて再び顔を合わせます。
どこかで見たことのあるような?山の神様が登場し、燭台に小さな火が灯ることでキャンドルファイヤーのプログラムがスタート。
その後は歌って踊って大盛り上がりのゲームが続き、エンディングへ。
女神様のお話で幕を下ろしました。
今は、幼児班は一足先に眠り、その他の班は荷物整理をしているところです。

今日まで看護部屋を使うことなく、どの班も元気そうに過ごしています。
明日の最終日も滑って遊んで、たっぷり思い出を持ち帰ってもらえるようにキャンプを盛り上げていきたいと思います。

にいやん


カテゴリ:

< 2/10-12鹿島槍1日目(2/10)  |  一覧へ戻る  |  2/10-12鹿島槍、帰着時間について(17:30) >

同じカテゴリの記事

2/10-12鹿島槍、帰着時間について(17:30)

本日解散予定の鹿島槍スキーキャンプの解散時間についてお知らせいたします。


先ほど、談合坂SAにて休憩を済ませ出発しました。
この先、渋滞が発生しているようで、今のところ新宿への到着時間は19時前後の予定です。


お迎えのほど、よろしくお願いいたします。


にいやん


2/10-12鹿島槍1日目(2/10)

オリンピックも賑わう中、子どもたちのスキーキャンプも元気にスタートしました。


バスの中はリーダーと子どもたちの掛け合いで、終始笑い声があふれています。
ゲームやクイズ、おもしろ昔話などをしていると移動時間もあっという間に感じました。
お弁当を食べた後には、早速雪遊びをしていた班もありました。
途中、事故渋滞などが多少ありましたが、14時30分頃にはスキー場に到着し、スキーウェアに着替えます。


初日のスキー練習は30分ほどでしたが、初心者班は道具に慣れることやスキーを履いて歩く練習からチャレンジ。
中上級者班は初日からリフトを使い、雪の感覚を確かめながら一生懸命に滑り降りてきました。
201802101-320x212.jpg


2/10-12鹿島槍1日目(2/10)の続きを読む

1/6-8鹿島槍2日目(1/7)

今朝は雪景色を眺めながら朝食を食べ、スキーの準備をしてゲレンデに集まります。


昨日の天気とは一変、青空が広がり、絶好のスキー日和でした。
この冬は例年以上にゲレンデコンディションも良く、昨日より鹿島槍スキー場の全てのリフトが動いている状況です。
よって、子どもたちの技術や体力に合わせて、遊び(滑り)に行く先を選ぶことができます。


経験班の中で足元が安定してきている班は、準備体操をしてから早々にリフトを乗り継ぎ、スキー場の山頂へ出発。
山頂からの眺めは絶景で、青木湖をバックに記念写真。
20180107_100759320180.jpg


1/6-8鹿島槍2日目(1/7)の続きを読む

1/6-8鹿島槍1日目(1/6)

本日から始まりましたスキーキャンプ鹿島槍(2泊3日)の様子をお伝えします。


新宿を出発したバスは順調に進み、予定通りスキー場に到着しました。
目の前に広がる銀世界に歓声をあげる子どもたち。
逸る気持ちをおさえて、準備を整えてからからゲレンデに集合します。


初心者班はスキーブーツや板に慣れることから始めます。
まず、ブーツをはいたまま走ったりジャンプをして準備運動。
その後、片足ずつ交互に板を履いて滑って歩く練習をしました。
「わたし上手にできてるでしょ?」
「たのしいー!」
片足で板に乗って、うまくバランスを取りながら雪の上で滑る感覚を身に付けました。
20180106_160118-320x240.jpg


1/6-8鹿島槍1日目(1/6)の続きを読む

1/4-7鹿島槍3日目(1/6)

3泊4日の鹿島槍スキー生活も3日目、後半戦の始まりです。
今朝のスキー場の空は鈍い色の雲に覆われ時折ふわふわと雪が舞い落ちています。


朝食から元気な子ども達、今のところ体調を崩して看護部屋で寝込む子どもは一人もいません。
食事を済ませスキーの準備をする子ども達、少しづつ手際が良くなってきました。
着替えはもちろん、ブーツのバックルなども自分で締められるようになり、締め具合をリーダーがチェックしても合格点の子どもも増えました。


さて、本日は昨日より更に滑走可能なコースが増えました。
早速、朝一番で中学生、小学生高学年がメインの最上級班が、本日オープンの一番てっぺんに上がるリフトに乗車。
クローズしていたため、長い間誰も滑っていなかった未圧雪のゲレンデは転んでしまうと胸まで雪に埋まってしまうバフバフの深雪ゾーン。
2018-01-06 20.53.21.jpg
写真のように休憩も雪に埋まりながら、雪とのものすごい格闘だった事をレッスン修了後に話していました。


初級チームもどんどん滑る範囲を広げて、昨日は滑れなかった林道コースやウェーブ状のコースにもチャレンジ。
小学生初心者班は初めての高速リフトに「うわっ、うわっ、うわっ、はやーい!」といつもより更に高い声で大歓声。
幼児班もリフトにも慣れてきて、一日合計10本以上は乗車しています。
「わたしもう11ですべれるよ!」とは足を揃えてパラレルターンができるという幼児班の子どもの話し。
真偽の程は???ですが上達と楽しさが伝わりました。


1/4-7鹿島槍3日目(1/6)の続きを読む

このページのトップへ