HOME > 現地レポート > デイキャンプ(日帰り・週末1泊2日) > 2/23-25デイキャンプ「週末八海山スキーキャンプ」2日目

現地レポート

< 2/24-25デイキャンプ「スキーに挑戦」1日目  |  一覧へ戻る  |  3/3-4デイキャンプ「はじめてのスキー」1日目 >

2/23-25デイキャンプ「週末八海山スキーキャンプ」2日目

八海山で行われるスキーキャンプも今年度は最後のコースになりました。
お子さまのご様子を報告致します。


宿に到着する頃には大粒の雪が降り始めていました。
「明日はたくさん積もっているかな?」お友達同士で話をしながら各部屋に分かれ、その日はなるべく早めに就寝しました。


さて翌日、雪はやんで曇り空。
お日様もときおり顔を覗かせてコンディションは上々です。
八海山スキー場は、最大の滑走距離が5.5km。高低差は771mもある広大なスキー場です。
コースも多岐にわたり、初級者の子も、上級者の子も楽しめます。


さっそくスキー班で分かれてレッスンを開始します。
慣れないスキーブーツをはいて準備運動をすると、バランスを保てずコロコロ転がってしまう子もいました。
まずはスキーの道具になれることから始めていきましょう。
片足のスキー板をはいて歩く練習から、緩斜面を滑って止まる練習まで。
みるみるうちに上達し、午前中のうちにすべての班がリフトに乗ることができました。
20180224_104537-320x240.jpg


上級班はロープウェイに乗って山頂からスキーを楽しんできたようです。


お昼を食べて午後のためのエネルギーを補充します。
「あまり食べ過ぎると午後に動けなくなるからね」とおかわりを1杯だけにして控えている?子もいました。
お天気は下り坂に。雨が降り出していましたが、宿で暖まり、エネルギーが有り余っているようです。
食休み中も「はやくいこうよ!」という声が聞こえてきました。

雨のため、まるで春スキーのような雪質に変化していましたが、特に滑るための問題はありません。
午後のスキーをスタートさせました。
初級者班もほとんどの子が1人でリフトに乗ることができるようになり、スピードにのって滑ることができるようになりました。
残念ながら、途中からロープウェーの故障点検のためにすべての班が山頂に行くことはできませんでしたが、乗車するリフトをかえ午前とは違う斜面を滑ってスキーをしました。
20180224_150334-320x240.jpg

今日は寒かったので、休憩中にはお風呂コールもでていました。
お待ちかねのお風呂に入って体をしっかりと暖めると、調整のためにセーブしていたおかわりの制限もなくなり、何人かには、リーダーからの心配の声がかかるほどお腹いっぱいにご飯を食べました。

夕食後はゲーム大会です。
「ジェスチャーリレー」は大いに盛り上がり笑いの絶えない時間となりました。
現在は明日のために荷物整理をして就寝準備をしています。

明日もたくさん遊んでから帰ります。お迎えをどうぞよろしくお願いいたします。

つんたん


カテゴリ:

< 2/24-25デイキャンプ「スキーに挑戦」1日目  |  一覧へ戻る  |  3/3-4デイキャンプ「はじめてのスキー」1日目 >

同じカテゴリの記事

3/4日帰りコース「イチゴ狩り」

おはようございます。
本日のデイキャンプ日帰りコース「「イチゴ狩り」でイチゴの食べ放題ツアー」は、予定どおり、プログラムを実施いたします。


みなさまのお越しを楽しみにお待ちしております。


湘南自然学校 平成ガキ大将養成キャンプ事務局


3/3-4デイキャンプ「はじめてのスキー」1日目

六日町スキーキャンプの様子です。
新幹線の中ではシャケのトランプ手品を見て一生懸命タネを探す子ども達。
手強い小学3年生の目もなんとかごまかせた様子。


越後湯沢の駅からの貸し切りの送迎バスの中であらためてみんなの自己紹介。
すでに仲良くなりこのキャンプでお兄ちゃんを作った子どももいます。
宿舎についたらお待ちかねのお弁当タイム。
腹ごしらえを済ませたらいよいよスキー場へ出発。
東京近郊では見られない小径の雪壁に遊んでしまい、5分もかからない道が、なかなか前に進みません。
「雪対水のたたかい」「まさかの水の勝利!」まだまだ沢山ある雪の量にテンションが上がってきたようです。


ゲレンデに到着したら道具をあわせ、スキー班に分かれて早速リフトにのりました。
今回はまったく初めての子どもはいないため全員リフトに乗りました。
201803031-320x212.jpg
手頃な斜度のウェーブやスキークロス用のバンク状のコースなど子ども達 に人気のコースが多くあります。


3/3-4デイキャンプ「はじめてのスキー」1日目の続きを読む

2/24-25デイキャンプ「スキーに挑戦」1日目

新潟県南魚沼市からスキーキャンプの様子をお伝えします。


新幹線に揺られて1時間あまり、高崎を出て、ながーいトンネルを抜けるともう越後湯沢。
窓の外にいきなりあらわれた雪景色に一斉に「あっ雪!」と大歓声。
駅前に残っている雪たまりをさっそく踏みしめながら送迎バスに乗車。
旅館に到着したらお弁当タイム、腹ごしらえを済ませてゲレンデへと出発。


スキー班に分かれてスキーレッスン開始です。
経験者チームは早速リフトに乗車。
初めてチームと殆ど初めてチームはゲレンデ下部の平坦なところ(実は雪の下は田んぼです)で歩く練習からスタート。
規模は小さなスキー場ですがその分一般のお客さんはほんとにまばらで、のびのびと練習が出来ます。
「ハの字の姿勢」に自信がついた子どもから徐々に斜面での練習に挑戦していきました。
201802241-320x240.jpg
「上手く止まれるようになったら卒業だよ」「明日はリフトに乗れるよ」という言葉をうけ卒業目指して夢中で滑る子ども達。


2/24-25デイキャンプ「スキーに挑戦」1日目の続きを読む

2/16-18デイキャンプ「週末八海山スキーキャンプ」2日目

お待たせいたしました。昨日から出発した八海山キャンプの様子をお伝えします。
しんしんと雪が降る新潟県に到着した子どもたち。
迎えのバスに乗り、窓の外を眺めて明日のスキーへ期待を膨らませます。
「信号がタテに長い!」「道路に水が流れているよ!!」
雪国ならではの生活の知恵を学びながらバスは進み、その日は宿に着くとすぐに就寝しました。


翌日、子どもたちは待ちきれない様子で起きてきました。
外では、大粒の雪が降っています。
朝食を済ませ、班ごとに装備を整えたらゲレンデに出発です。


初心者班はまず平地でしっかりと足慣らしをします。
雪の上で板を滑らせる感覚を身につけると、すぐにハの字で止まる練習。
午前中のうちにリフトに乗ってスキーをすることができました。
経験者班は、八海山の広いゲレンデを探索しながらレッスンをします。
最上級班はさっそくゴンドラに乗って山頂からの林道コースを楽しんできたようです。
少し雪と風が強かったため、休憩や雪遊びの時間を多く取りながら過ごしました。
20180217_111025-320x240.jpg


2/16-18デイキャンプ「週末八海山スキーキャンプ」2日目の続きを読む

2/17-18デイキャンプ「スキーに挑戦」1日目

寒い冬もあと少し、と言うことはスキーシーズンも中盤に差し掛かってきました。
上野駅に集合した子どもたちは、よりすぐりの10名!
なんともアットホームなキャンプになりそうです。
新幹線の中ではリーダーやお友達と楽しく過ごしました。


宿に到着しお昼ご飯を食べたらゲレンデへ。
深々と降る雪、気温は低くはありませんが、やや視界が悪いコンディション。
準備体操を終え、経験者班と初心者班に分かれました。
まずはみんなで頑張るぞ!の集合写真!
201802171-320x212.jpg


初心者班はゲレンデの下の方で歩いたり、止まる練習から始めました。


2/17-18デイキャンプ「スキーに挑戦」1日目の続きを読む

このページのトップへ