• 現場日記
  • フォトアルバム
  • スタッフ紹介
  • ボランティアスタッフ募集
  • 仕事を頼みたい
  • 森のようちえん

HOME > 現地レポート > 夏休みサマーキャンプ > 8/19-22小菅村1日目(8/19)

現地レポート

< 8/18-21西伊豆2日目(8/19)  |  一覧へ戻る  |  8/18-21西伊豆3日目(8/20) >

8/19-22小菅村1日目(8/19)

「わくわく探検キャンプ 小菅村」の新たなコースが出発しました。
電車での移動中は、簡単な自己紹介から始まり、絵しりとりや折り紙などをして静かに遊んで過ごします。

奥多摩駅についてからは、木陰のある奥氷川神社へ。
心地よい風を受けながら、お弁当タイム。
その後は、お参りをしたり、鬼ごっこをしたりとそれぞれのペースでバスの時間を待ちました。
202008191227431.jpg

キャンプ場までのバスの道のりでは、広大な奥多摩湖を見て子どもたちから歓声が上がります。
そうこうしているうちに、東京都と山梨県の県境を越えて5分も走るとキャンプ場へ到着。

開村式では、生活の話、森の話、虫や生き物の話、東京スカイツリーの話など、子どもたちからの質問に答えながらこれから始まるキャンプのイメージを共有しました。
寝袋を運んでから、身支度を済ませて、班ごとに場内散策とフリータイム。
河原で水切りや広場でドッヂボールをして次の集合まで過ごしていました。

野外調理を始めると、子どもたちの積極的な取り組みが各所で見られました。
202008191227432.JPG

どうしたら空気を取り込んで火をつけやすくなるかなどを考えながらまずは薪組みに挑戦。
組み終えたら、実際に火が着くかを検証します。
点火、そして鎮火を繰り返し。
何度も失敗を重ねて、ようやく薪に火が燃え移り子どもたちは大喜び。
わざわざ私のところまで、「やっとうまく火が着いたよ!」と報告しに来てくれました。

202008191227433.JPG
「玉ねぎ切りたい人?」と声を掛けると一斉に手が上がります。
涙を浮かばせているメンバーもいましたが、リーダーと一緒に最後まで頑張りました。

202008191227434.JPG
煙たい煙と戦いながら交代で炒めて、グツグツ煮込んで、味見をしてから最後の微調整。
完成までわずか1時間とかなり手際よくカレーライスが出来上がりました。

202008191227435.JPG
調理は全体を2班に分けて行いました。
子どもたちから、「もう1つの班のカレーも味見していい?」という声が上がったので、お代わりはお互いの班の物を食べていました。
どちらも同じ材料ですが、不思議と味は異なります。
今夜は2種類の美味しいカレーをいただきました。
ごちそうさまでした。

片づけとシャワーを同時進行で進めて、再び全体プログラム。
「あの青い空の様に」「海の声」「虹」「ガンガン」などのキャンプソングを歌いました。
また、星空もきれいに輝いて見えたので、おやすみ前には星座のお話し。
夏の大三角形の1つ、こと座にまつわる神話です。
琴弾きの名手オルフェウスの奥さんが、突然毒蛇にかまれて去ってしまった。
そして、地底世界へ涙しながら奥さんを取り戻しに行くという悲しい内容ですが、それを親身に聞いてくれた子どもたち。
最後は、「本当にかわいそうだね」と小さな声で感想を聞かせてくれました。

部屋に戻ってからは、やや興奮気味の班もありましたが、朝が早かったせいか消灯時間を過ぎると次第にキャンプ場は静まり返りました。

明日は川へ入ることを楽しみにしているようなので、直前の天気とも相談をしながら遊びを広げていきたいと思います。

にいやん

カテゴリ:

< 8/18-21西伊豆2日目(8/19)  |  一覧へ戻る  |  8/18-21西伊豆3日目(8/20) >

同じカテゴリの記事

8/26-28中津川2日目(8/27)

昨日の夜も冷え込むことなく、子ども達も朝までぐっすり。
起きると食堂に集まってきました。


朝ご飯のサンドウィッチを食べながら、「今日は何をして遊ぼうかね~」と、相談します。
天気も良さそうな、青空。
やっぱり川遊びしかないですね!


と、いうことで昨日とは遊ぶ場所を変えて川遊びをすることにしました。
身支度を済ませて、お昼ご飯のおにぎりを持ったら、川の中を上流まで歩きながら進みます。
大きな石が水中にあったり、滑りやすかったりしますが、お友達同士、手を取り助け合います。
PSX_20200827_215750.jpg


しばらく進むと、太陽の光がたくさん降り注ぐ場所に到着。
水鉄砲でリーダーを攻撃したり、ボディボードに乗り、川流れにチャレンジしたり。
「下の石をどかして、コース整備しよう!」という掛け声の中、コース整備のリーダーと子ども達が、水中の石を取り除きます。
おかげさまで、幼児のメンバーも安心なウォータースライダーのコースが完成しました。


8/26-28中津川2日目(8/27)の続きを読む

8/26-28中津川1日目(8/26)

今年は厳しい残暑が続いていますが、いよいよ中津川でのサマーキャンプも最終回となりました。


池袋からは西武の新型特急で快適な旅でした。
西武秩父からは貸切路線バスで更に1時間で、中津川村キャンプ場に到着。
吊り橋を渡ってキャンプ場に入ったら、まずはお弁当タイム。


開村式をしてキャンプの約束を決めたら、早速川遊びをしました。
お天気にも恵まれて気持ちの良い川遊び。
PSX_20200826_180011.jpg


水かけっこもご褒美レベルの気持ち良さ、今年は水量が少ないので水温が高くて気持ちいい川遊びが続いています。


8/26-28中津川1日目(8/26)の続きを読む

8/23-25小菅村2日目(8/24)

小菅村より2日目のご報告です。
早いもので、この夏、小菅村から最後の現地レポートとなりました。

今朝は、Tシャツ1枚では肌寒いくらい涼しい空気でした。
朝食を食べ、水着に着替え終わる頃には気温が上昇し、川に入るにはちょうど良いお天気に。

とは言っても上流部の川なので、水温は低めです。
まずは川流れ。
子どもたちはフローティングベストを着ているので、安心してバシャバシャと泳ぎながら流れていました。
DSC09158.JPG

後半はさらに上流へ移動し、お魚探し。

8/23-25小菅村2日目(8/24)の続きを読む

8/23-25小菅村1日目(8/23)

本日より、「わくわく探検キャンプ(小菅村)」の最終コースが始まりました。

どの班も人懐っこいメンバーが多くて、スタートから和やかな雰囲気。
電車で遥々奥多摩駅まで大移動し、木陰を求めて駅の近くにある奥氷川神社でお昼ご飯を食べました。
食べ終わった班から、フリータイム。
神社で鬼ごっこやセミ捕りをする班や裏手の河原でのんびりチームもありました。

202008231235111.jpg
散々水切りをやったあとに、ストーンバランシングに挑戦。

その後、路線バスに乗ること40分ほどでキャンプ場へ到着しました。

8/23-25小菅村1日目(8/23)の続きを読む

8/20-23伊豆大島3日目(8/22)

今日も1日、いいお天気でした。
水温もだいぶ温まり、入っていても丁度良い感じになりました。


ぐっすり寝た子どもたちは、マスク姿で食堂へ。
朝ご飯をしっかりと食べます。たくさん遊びますからね。
早速海におでかけです。


班毎に、遊びたい内容を決めていきます。
やっぱ理、暑いので、スノーケリングや海水浴が人気でした。
PSX_150.jpg


上手なメンバーは、今日も素潜りチャレンジ!


8/20-23伊豆大島3日目(8/22)の続きを読む

このページのトップへ