• 現場日記
  • フォトアルバム
  • スタッフ紹介
  • ボランティアスタッフ募集
  • 仕事を頼みたい
  • 森のようちえん

HOME > 現地レポート > 夏休みサマーキャンプ > 8/23-25小菅村2日目(8/24)

現地レポート

< 8/23-25小菅村1日目(8/23)  |  一覧へ戻る  |  8/26-28中津川1日目(8/26) >

8/23-25小菅村2日目(8/24)

小菅村より2日目のご報告です。
早いもので、この夏、小菅村から最後の現地レポートとなりました。

今朝は、Tシャツ1枚では肌寒いくらい涼しい空気でした。
朝食を食べ、水着に着替え終わる頃には気温が上昇し、川に入るにはちょうど良いお天気に。

とは言っても上流部の川なので、水温は低めです。
まずは川流れ。
子どもたちはフローティングベストを着ているので、安心してバシャバシャと泳ぎながら流れていました。
DSC09158.JPG

後半はさらに上流へ移動し、お魚探し。

深場に顔を付けると、魚がたくさん見えました。
今日のターゲットは、ニジマス君。
P8242774.JPG

子どもたちは、網を片手に何度も何度も挑戦していましたが、誰一人としてくじけません。
園芸用の網を工夫して、4隅に石ころを結び付け、即席の投網を作りました。
子どもたちが息をそろえて投げ込みます。
思いのほかきれいに広がって、網は着水。
網を投げるのはとっても上手になりましたが、魚の塩焼きはお預けとなりました。
P8242825.JPG

午後は、希望の多かった秘密基地づくり。
「基地には何が必要?」と子どもたちに聞くと、「壁」「屋根」「ドア」「イス」「トイレ」「ベッド」などと具体的な答えが返ってきました。
よし、みんながイメージする基地を作ってみようと2班でペアを組み合同班で作り始めます。
枠組みが出来てくると、子どもたちのイメージがより広がり作業が進みました。
基地を作る中で、「何を作る?」「どんな材料がいるかな?」「これは使える?」「ちょっとここ持ってて」と子どもたち同士の会話が一気に増えてきます。
1人ではなく、みんなで協力して作ったものだからこそ、やりがいを感じ、心に思い出として残るのだと思います。
DSC09222.JPG

わずか1時間の作業でしたが、どちらの班も、濃厚な時間を過ごしていました。
DSC09265.JPG

夕食作りとシャワー浴を交代制で行うことで、全体の時間にゆとりを持たせました。
今夜のメニューは、カチャトーラ。
トマトスープで、鶏肉やキノコ、野菜などを煮込んで完成です。
ここに来てみんなの食欲が増し、おかずがおかわりタイムの早いタイミングで完食。
急遽出したおかずやおにぎりなども食べて、元気を蓄えました。

片づけの後に、子どもたちも楽しみにしてくれていたキャンプファイヤーを行いました。
どこかで見覚えのある2人の神様による点火式から、リーダーの得意なレクリエーションが始まります。
月夜のお晩、ポキポキダンス、ピヨピヨちゃんなどの定番ゲームから、今夜はまっこいのオリジナルNEWゲームも披露。
子どもたちは元気に応えてくれました。
DSC09304.JPG

小さなケガは多少ありますが、体調を崩すメンバーもない状態で今日まで進んでいます。
明日の解散式まで、しっかりと子どもたちと向き合い、思い出を持ち帰ってもらえるように関わっていきます。
お迎えのほど、よろしくお願いいたします。

にいやん

カテゴリ:

< 8/23-25小菅村1日目(8/23)  |  一覧へ戻る  |  8/26-28中津川1日目(8/26) >

同じカテゴリの記事

8/26-28中津川2日目(8/27)

昨日の夜も冷え込むことなく、子ども達も朝までぐっすり。
起きると食堂に集まってきました。


朝ご飯のサンドウィッチを食べながら、「今日は何をして遊ぼうかね~」と、相談します。
天気も良さそうな、青空。
やっぱり川遊びしかないですね!


と、いうことで昨日とは遊ぶ場所を変えて川遊びをすることにしました。
身支度を済ませて、お昼ご飯のおにぎりを持ったら、川の中を上流まで歩きながら進みます。
大きな石が水中にあったり、滑りやすかったりしますが、お友達同士、手を取り助け合います。
PSX_20200827_215750.jpg


しばらく進むと、太陽の光がたくさん降り注ぐ場所に到着。
水鉄砲でリーダーを攻撃したり、ボディボードに乗り、川流れにチャレンジしたり。
「下の石をどかして、コース整備しよう!」という掛け声の中、コース整備のリーダーと子ども達が、水中の石を取り除きます。
おかげさまで、幼児のメンバーも安心なウォータースライダーのコースが完成しました。


8/26-28中津川2日目(8/27)の続きを読む

8/26-28中津川1日目(8/26)

今年は厳しい残暑が続いていますが、いよいよ中津川でのサマーキャンプも最終回となりました。


池袋からは西武の新型特急で快適な旅でした。
西武秩父からは貸切路線バスで更に1時間で、中津川村キャンプ場に到着。
吊り橋を渡ってキャンプ場に入ったら、まずはお弁当タイム。


開村式をしてキャンプの約束を決めたら、早速川遊びをしました。
お天気にも恵まれて気持ちの良い川遊び。
PSX_20200826_180011.jpg


水かけっこもご褒美レベルの気持ち良さ、今年は水量が少ないので水温が高くて気持ちいい川遊びが続いています。


8/26-28中津川1日目(8/26)の続きを読む

8/23-25小菅村1日目(8/23)

本日より、「わくわく探検キャンプ(小菅村)」の最終コースが始まりました。

どの班も人懐っこいメンバーが多くて、スタートから和やかな雰囲気。
電車で遥々奥多摩駅まで大移動し、木陰を求めて駅の近くにある奥氷川神社でお昼ご飯を食べました。
食べ終わった班から、フリータイム。
神社で鬼ごっこやセミ捕りをする班や裏手の河原でのんびりチームもありました。

202008231235111.jpg
散々水切りをやったあとに、ストーンバランシングに挑戦。

その後、路線バスに乗ること40分ほどでキャンプ場へ到着しました。

8/23-25小菅村1日目(8/23)の続きを読む

8/20-23伊豆大島3日目(8/22)

今日も1日、いいお天気でした。
水温もだいぶ温まり、入っていても丁度良い感じになりました。


ぐっすり寝た子どもたちは、マスク姿で食堂へ。
朝ご飯をしっかりと食べます。たくさん遊びますからね。
早速海におでかけです。


班毎に、遊びたい内容を決めていきます。
やっぱ理、暑いので、スノーケリングや海水浴が人気でした。
PSX_150.jpg


上手なメンバーは、今日も素潜りチャレンジ!


8/20-23伊豆大島3日目(8/22)の続きを読む

8/19-22小菅村3日目(8/21)

3日目も穏やかな朝を迎えました。
子どもたちもリーダーの「おはよう」と声をかけるまで、ぐっすり眠っていたようです。

【今日の遊びスケジュール】
午前/基地づくりの続き+基地でランチ
午後/ドッヂボール→川遊び

昨日に引き続き、約1時間の作業で基地づくりの仕上げに掛かります。
壁やカーテン、ブランコや罠など色々なものを自然の中にある素材だけで作っていきました。
完成した基地を全員で見学し、基地の名前とこだわりポイントを発表。
DSC0866081.JPG

きむち班「小菅村公園」
動物用のブランコや枝のカーテンなど細かなところにこだわりをもって作っていました。

キティ班「トラップハウス」
とにかく罠だらけで、男の子たちから大人気(笑)

どんぐり班「ザ・秘密基地」
空きビンで作った呼び鈴、看板、全員がゆとりを持って入れる広さが売りの基地。

マリノス班「4班の隠れ家」
高学年班ということもあり、平均身長も高いため、屋根の高さにゆとりを持ったそうです。
骨組みがしっかりしていることと、森で見つけた古いビニール袋を丁寧に洗って、班の看板を作っていました。

おにぎりを基地の中で食べて、基地を自然に戻す作業まで班で行いました。

8/19-22小菅村3日目(8/21)の続きを読む

このページのトップへ