HOME > 現地レポート > GWプログラム > 5/3-5小菅村2日目(5/4)

現地レポート

< 5/3-5御殿場2日目(5/4)  |  一覧へ戻る  |  5/5-7小菅村1日目(5/5) >

5/3-5小菅村2日目(5/4)

わくわくキャンプ2日目は、お天気も良く空気の澄み渡った気持ちのいい朝を迎えました。
とはいえ、朝晩はまだまだ冷えこむ季節です。
にいやん特製のベーコントマトスープとパンをモリモリと食べて力をつけます。


本日は、春の山菜を探しにハイキングへ向かうことにしました。
小学生チームを中心に山菜の図鑑を手に持って「山菜捜索隊」の結成です。
P5042229.jpg


歩いて数メートルでさっそくミツバを発見!
その後もフキやゼンマイ、タラの芽など次々と山菜を見つけていきます。
「雑草だと思っていたけれど、食べられる草はたくさんあるんだね」と話しをしながらたくさんの山菜を集めることができました。

一度キャンプ場に戻り、お昼ご飯を食べた後は2つのグループに分かれて遊びます。

1つめは秘密基地作りチーム。
丸太を麻ひもで結び、自然にあるものを使って自分たちで考えて作ります。
せっせと資材を集めて基地の形を作っていく子。見た目を考えて装飾をする子。
くぎ打ち(真似)をする子など。
みんなの協力でオシャレな小窓付の秘密基地が完成しました。

次に川原遊び&釣りチーム
こちらのチームは川原で自分の好きな遊びを見つけながら好きなことをできるチームです。
気温も高かったので、初めのうちは冷たい川に躊躇していた子どもたちも徐々に川の水に慣れ、水の中を進んで対岸の岩に渡ったり、リーダーに水をかけたりして遊ぶようになりました。
人気だったのは、川原に落ちている炭を、石で潰して練ってボディペイントする遊びです。
川から上がるときには、みんなの顔にかわいいおひげが書かれていました。

P5042302.jpg

釣りチームは、まず餌となる虫を探します。
大きなヤゴが見つかってからはヤゴ探しがメインになっていた子もいましたが、そのヤゴを餌にして大物を狙います。
残念ながら釣果をあげることはできませんでしたが、大きな岩に腰かけ、釣り人気分を楽しめたようです。

さて、たくさん遊んで一部のメンバーに疲れも見え始めましたが、最後の夕食作りに取り掛かります。
山菜を使った料理作りのスタートです!
みんなが採ってきた山菜と、キャベツにアスパラ、タケノコ、鶏肉を炒めて作る「春野菜炒め」と、竹林で発見し、みんなで掘ったタケノコを使った「タケノコご飯」です。
どの班もとっても美味しくできました。

そして夜のイベントはキャンプファイヤーです。
自称イケメン?の原住民による火付けが行われ、
次々とおこなわれるリーダーたちのゲームに場は大盛り上がりでした。
最後は山の女神様が火を持ち帰り、しんみりとした雰囲気に。
火を囲みながらグループごとに今回のキャンプの思い出を話し合う時間にしました。

明日は最終日ですが、なるべく時間を作り遊んで帰りたいと思います。
お迎えよろしくお願いいたします。

つんたん


カテゴリ:

< 5/3-5御殿場2日目(5/4)  |  一覧へ戻る  |  5/5-7小菅村1日目(5/5) >

同じカテゴリの記事

5/5-7小菅村2日目(5/6)

今朝食堂に集合した際に、「寝袋の寝心地はどうだった?」と子どもたちに聞くと、「きもちよかった~」「あたたかかった~」となかなかの高評価。
キャンプに慣れ始めた子どもたちは朝ご飯の準備もスムーズになり、班のメンバーともおしゃべりをしながら温かい野菜スープとロールパンを食ました。


午前中は、「春の山菜探しハイキング」として、キャンプ場内から近隣の登山口までの間を探し歩きます。
見分けの付けやすい山菜と中心に、カンゾウ・フキ・ミツバ・ウド・ワラビ・ゼンマイなどを見つけて、ほんの少し山からお裾分けをいただきます。
また、特大のタケノコも発見し、リーダーのともぞうとおじぱんの2人掛かりで掘り起こしました。
20170506204311jpg


5/5-7小菅村2日目(5/6)の続きを読む

5/5-7小菅村1日目(5/5)

ゴールデンウィークも後半に入り、本日より「春のわくわくキャンプ-2-」がスタートしました。
連休中ということもあり、電車での移動時や駅周辺も人混みでいっぱい。
そんな中でも、子どもたちは重たい荷物を持ち、頑張ってキャンプ場まで辿りつきました。


大きな吊り橋を渡り、場内へ移動します。
その後は開村式を行い、キャンプ場周辺の生き物の話や山での安全な過ごし方の話、キャンプを楽しく過ごすための話など子どもたちにしました。
また、キャンプを始めるための準備として、部屋に荷物を入れ、寝袋を運び、班ごとにキャンプ場内の散策をして過ごしました。


夕方16時頃からは再び全員が顔をそろえて夕食作りを始めます。
今夜のメニューは、子どもたちの読みが見事に的中!
キャンプ定番の「カレーライス」です。
全体で2つの調理班に分かれて、作業に取り掛かりました。
カレーコンテスト審査員のもじゃとにいやんが調理中の子どもたちを見守ります。
役割分担をした子どもたちが玉ねぎの涙光線に耐えながら下準備を進めていたり、薪の組み方の練習をし火着けにチャレンジしていました。
20170505170337.jpg


5/5-7小菅村1日目(5/5)の続きを読む

5/3-5御殿場2日目(5/4)

御殿場乗馬キャンプ、2日目の朝になりました。
今朝は馬の餌やりから活動スタート。
お腹を空かせた馬達はガツガツと床を蹴って催促してきます。
手に持つバケツに顔を突っ込んでくる馬達にみんなおよび腰でしたがなんとか朝ごはん前のお勤め終了しました。


今日は騎乗前の準備を中学生、高校生を中心に挑戦しました。
用具運び、ブラッシング、くつわや鞍を着けたり、より身近に馬を感じる事が出来たのは子ども達の騎乗にも良い効果がありそうです。


お昼休みに、とある馬房の前がなんだか賑やか。
今日が誕生日の馬にバースデーソングを歌っていました。
「かっこよかったよー」「ありがとう」というメッセージも。
もちろん馬の耳になんとやらで、当の馬達は昼ごはんに夢中でしたが...
騎乗待ちの時間には、全員が馬小屋の掃除をしていて、騎乗も2回こなし馬に対してどんどん愛着が出てきたようです。


さて、肝心の手綱さばきも昨日よりも長い距離を乗りこなし徐々になれてきたような。
初日は「楽しかったー」だけだった感想も、道草を食べられた回数やどの馬が言うことを聞いてくれるかなど具体的な話も聞こえるようになりました。
DSC02768-320x213.JPG


5/3-5御殿場2日目(5/4)の続きを読む

5/3-5小菅村1日目(5/3)

新宿を出発してしばらくすると、建物が減り、木々が多くなったことに子どもたちも気が付き、頭の中でキャンプのイメージが膨らみます。
「早く川遊びがしたいね!」「いや、川はきっとまだ寒いからハイキングの方がいいよ」とキャンプでやりたいことをグループごとに相談していました。


奥多摩駅には定刻通りに到着し、まずお弁当を食べてエネルギーを補給。
路線バスの発車時間までは、奥多摩ビジターセンターで過ごします。
班ごとに館内を回り、奥多摩地域に住んでいる生き物や植物について学んできました。


キャンプ場に到着してからは、場内でのお約束ごとの確認や今回のキャンプのテーマである「新しいお友だちをたくさん作ろう」という話をしました。
その後は、リーダーによるゲーム大会です。
初めましてのお友だちとも仲良くなれたかな?
P5032111320240.jpg


5/3-5小菅村1日目(5/3)の続きを読む

5/3-5御殿場1日目(5/3)

御殿場での乗馬キャンプは天気に恵まれたスタート。
ロマンスカーに乗った子ども達はどうしてもテンションがあがってしまいます。
以前に参加した子どもは「前と同じ馬にのれるかな?」「また、ボロとりするの?」とイメージを膨らませています。


快適な電車旅からバスへと乗り継ぎいよいよ乗馬クラブへ。
今回はとにかく元気な子どもが多く馬を目の前にして気分があがりすぎ。
真剣に取り組まないと危ないことを伝えると少し真面目な顔になったでしょうか?


さあ、騎乗開始。場内をぐるっと一周したら森の小径を流します。
間近に雄大な富士山を見上げながら、のんびりカポコカポコ。
馬の上では子ども達もしっかりまじめな顔。
OI000002-320x212.jpg
緊張して馬にしがみつくように乗っている子どもも。
馬に道草を食われないように自分でしっかりコントロールするのはまだ先のようです。


5/3-5御殿場1日目(5/3)の続きを読む

このページのトップへ