HOME > 現地レポート > 夏休みサマーキャンプ > 7/29-8/1西伊豆2日目(7/30)

現地レポート

< 7/29-8/1西伊豆1日目(7/29)  |  一覧へ戻る  |  7/29-8/1西伊豆2日目後半(7/30) >

7/29-8/1西伊豆2日目(7/30)

宿泊地の電波状況が悪いため、昨日はブログの報告ができず失礼いたしました。
引き続き、2日目の午前の様子をお伝えします。


2日目の今日は、朝食後バスに役20分乗って、宇久須クリスタルビーチへ。
到着後小学生班は早速リーダーからスノーケリングを習い、堤防の先の方まで魚を見に行きました。
ソラスズメダイやカゴカキダイ、60cmくらいあるボラなどを見つけました。
その後、筏で堤防に先まで遠征した小学生班もありました。
また、リーダーのアジがウニを採って来たのを少しだけ食べた子もいます。


幼児班も筏に乗ったり、波に乗ったりして遊びました。
今日は台風の影響でうねりがはいり、いつもより多少波は高いですが、みんな「きゃーきゃー」言って楽しんでます。
IMG_0989.JPG


午後も同じように遊んだ後、キャンプ場に戻り、お風呂に入った後、夕食でタコライスを作り、
夜はゲーム大会を行う予定です。


今夜もう一度ブログの更新に挑戦しますが、できない場合は明日また日中にアップします。


もじゃ


カテゴリ:

< 7/29-8/1西伊豆1日目(7/29)  |  一覧へ戻る  |  7/29-8/1西伊豆2日目後半(7/30) >

同じカテゴリの記事

8/11-14小菅村2日目(8/12)

お待たせいたしました。小菅村2日目の様子をお伝えします。


ひんやりとした空気の朝、子どもたちは元気に起きてきました。
朝ごはんを食べながら今日の予定について作戦会議です。
子どもたちのやりたいことを聞いた結果、午前中は釣りか、森に入って遊ぶかどちらかを選ぶことになりました。
それぞれ自分の準備をしてから集合します。


釣り組は、えさのブドウ虫を竿に取り付けることから始めました。
おそるおそる針に虫を取り付けていく子どもたち。
2人組や3人組にわかれて、それぞれ魚のいそうなポイントをめがけて釣り糸を垂らします。
みんな川の流れを真剣に眺めて集中していました。
DSC_0793-320x240.jpg


8/11-14小菅村2日目(8/12)の続きを読む

8/11-14西伊豆2日目(8/12)

今日も朝起きると雲の中で、今日は曇りかなぁと思っていましたが、朝食後バスに乗って海に行くと、やはり曇り空。
でも気温は高く、早速小学生班はマスク、フィンの使い方を習って堤防の突端まで泳いで行きました。
今日は少し水温は低めでしたが、透明度は良くソラスズメダイ、オヤビッチャ、カゴカキダイなどを見ることができました。
またムラサキウニが多く、子どもたちにも試食してもらいました。
「すごく美味しい」「甘い」「初めて食べた」などの感想も聞かれ大人気でした。
幼児班は筏に乗ったり、海に漂ったり砂浜で遊ぶことなくずっと海に入っていました。


お昼近くになると雲の間から太陽が出て気温も上昇して来ました。
サンドウイッチの昼食を食べて午後もずっと海に入ります。
蟹を捕まえる子、ひたすら潜る子、スノーケリングをする子、筏に乗る子、班ごとに様々に遊んでいました。
水温が高くなってきたのでみんなずっと海に入っていました。
IMG_1122.JPG


8/11-14西伊豆2日目(8/12)の続きを読む

8/11-14小菅村1日目(8/11)

本日出発の小菅村キャンプの様子をお伝えします。


渋滞のためキャンプ場への到着は30分ほど遅れましたが、バス内でのレクリエーションは大盛り上がり。
みんなとても反応が良く、リーダーの問いかけに大きな声で応えてくれます。
終始笑いの絶えない、にぎやかな雰囲気の中キャンプ場につきました。


お天気が心配でしたが、雨に降られることもなくまずは班ごとに散策。
キャンプ場の使い方を確認してからアイスブレーキングゲームをしました。
アイスブレーキングゲームとは緊張した気持ちをほぐし、仲良くなるためのゲームです。
最初のゲームは「ネームトス」、名前を呼びながらお友達にボールを渡していきます。新しいお友達の名前を呼ぶのは恥ずかしいことですが、打ち解けていくためのきっかけになります。
続いては、「拍手で集まれ」です。
「好きなおにぎりの具」で集まったときは、明太子派と明太マヨ派など、こだわりによって細かく分かれていたのは面白いですね。
「将来の夢」では科学者や消防士、ゲームクリエイターなど、みんなのなりたいものを知ることが出来ました。
「大きくなったら恐竜時代の怪獣になる!」ということで意気投合した幼児さんグループもいました。


さて、シャワーを浴びてから野外調理の時間です。
DSC_0752-320x240.jpg


8/11-14小菅村1日目(8/11)の続きを読む

8/10-12中津川2日目(8/11)

中津川キャンプの2日目の様子です。
起床時には昨夜の雨は完全に止んでいました、爽やかな朝です。
朝食の時にアンケートをとったところ意見がちょうど二つに分かれたので、午前中は選択制としました。


種目は森林探検ハイキングと焼き板クラフトで、子ども達がやりたい方を選んで参加しました。
探検ハイキングで森の小径を歩きながら木の実や鹿の食痕を見つけながら歩いていくと...
ありました湧き水「中津川龍神水」。
県内のとある料理屋さんが使っているお水で少し甘味を感じる味です。
子ども達も希望者は一口だけテイスティング。
みんな「つめた~い!」「おいしい!」と大喜び。


さて、探検を続けて丸木橋を渡り、魚道を眺めながら階段を上り博物館に到着。
DSC06122-320x213.JPG
木の匂いや温もりが沢山のこの森林科学館で見学タイム。
近くで取れた鉱石を虫眼鏡で見ながら歓声を上げたり。
外にある竹の迷路でオニゴッコをいたり、手作り木工おもちゃでオセロやおままごとをしていた子どももいました。
帰る頃には「この葉っぱかわいー」「この鳥なんて名前?」と自然への感度が上がったようでした。


焼き板クラフトチームはノコギリ、たわし、かまどの火といつものマキを手間ひまかけて素敵な作品にしていきます。
みんな顔を汚しながら夢中で作った作品達。
栗や葉っぱ、枝などでデコレーションされ、ポップでカラフルな物が沢山出来上がりました。


8/10-12中津川2日目(8/11)の続きを読む

8/10-12中津川1日目(8/10)

お待たせしました中津川サマーキャンプの様子です。
今日は高速道路で渋滞があり、道中の「道の駅ちちぶ」でお昼ご飯を食べました。
ここから合流するメンバーに「ねー、今、何年生?」なんて声をかけて歓迎しながらお弁当を食べていました。


食後はバスに戻りグイグイと山道を上っていきます。
もっとも子ども達は食休み中、気がついたらキャンプ場に到着です。
到着が遅くなったこともあり川遊びは明日のお楽しみに。


野外調理の時間までは班ごとにキャンプ場の散策に出かけました。
早速川原におりる子ども達、明日は晴れるといいですね。


再集合してアイスブレーキングゲームという友だち作りの為のゲームを行いました。
DSC05860-320x213.JPG
仲間を集めるゲームではさっそく幼児の子ども達に「こっちおいでー」「ぼくかわいいねー」なんてリーダーのように振る舞う年長のお姉さん達、とっても頼りになります。
幅広い年齢の子ども達と自然にかかわり合えるのがキャンプの良いところ。


8/10-12中津川1日目(8/10)の続きを読む

このページのトップへ