HOME > 現地レポート > 秋キャンプ(3連休) > 10/7-9小菅村2日目(10/8)

現地レポート

< 10/7-9御殿場2日目(10/8)  |  一覧へ戻る  |  10/9日帰りコース「落花生掘り」 >

10/7-9小菅村2日目(10/8)

雲一つない快晴で迎えた小菅村。「たき火キャンプ」2日目の様子をお伝えします。
日の出とともに起きた子どもたち。リーダーのおはようの声を合図にさっそく自分たちのタープの下に集まりました。
本日の朝食はホットサンドです。もちろん朝から焚き火をします。
パンを焼いて、温かいココアと一緒に食べたら今日も元気に過ごせること間違いなし。


ゆっくりとした時間を過ごしてから午前中のプログラム、エッグキャンドル作りに移りました。
エッグキャンドルは、ろうそくを砕いて湯煎で溶かし、そこにクレヨンでお気に入りの色を付けてから卵の殻に流し込むというものです。
リーダーにキリで卵に穴をあけてもらってから、ろうそくを砕いたり、クレヨンを混ぜたり、卵の殻にお絵描きをして作りました。
色の違うろうそくを何層もいれることで縞模様のキャンドルを作った子もいて、どれも色とりどりの素敵な作品になりました。
ロウが固まるのをまって完成です。


さて、お昼のメニューはパンケーキです。
高学年の子に手伝ってもらいパンケーキを焼いたら、ジャム、バナナ、チョコ、ホイップクリーム、ケチャップなど好きなトッピングをしていただきます。
パンケーキ焼き場はおかわりの長蛇の列となりあっという間の完食でした。


お腹いっぱい食べた後は、薪を探しに探検にいくことにしました。
川原に乾いた流木がありそうと目星をつけて、道中に落ちている薪を拾いながら歩いて行きました。
成果は上々、さっそくキャンプ場に戻ると今度は火おこし体験です。
舞切り式の火起こし器やメタルマッチを使って火を起こす体験をしました。
DSC_0315-320x213.JPG


また、取ってきた大きな木はノコギリやナタを使って小さくしなければなりません。
ナタはみんな交代使い、薪割り体験をしました。
起こした火を使っておやつにすることにしました。先日残しておいたりんごをダッチオーブンに入れ火にかけるだけ。

「えー、またりんごなのー?」
と残念がる子どもたちの声が聞こえましたが、昨日のリンゴはアルミホイルで包んで焚き火に入れたもの。
今日のりんごはダッチオーブンに入れたもの。全く味が変わります。
20分程で完成した焼きリンゴはとてもジューシーで、あまりの美味しさに隠し味を疑い、レシピを聞きに来る子もいました。

さて、最後の夜はジンギスカンとアヒージョです。
ダッチオーブンの蓋は、その形状がジンギスカン用の鉄板にそっくりなため食材を載せて調理をすることもできます。
1日中食べてばかりの当キャンプですが、子どもたちは今日一番の食欲を見せ、ご飯もアヒージョ用のバケットもペロリと食べてしまいました。

食後にはテーブルを外し、炊き火を囲みながらエッグキャンドルに火をつけます。
DSC_0387-320x213.JPG
マシュマロを焼いて食べながら、キャンプで楽しかったこと、出来るようになったこと、頑張ったことなどを1人1人話す時間にしました。
しんみりといった様子ではありませんでしたが、班ごとに笑顔で語らい、いっそう仲が深まったように思われます。

疲れが出てきたのか、寝袋にはいるとすぐに寝息をたてていました。
みんな笑顔で過ごしています。
明日のお帰りを楽しみにおまちください。

つんたん


カテゴリ:

< 10/7-9御殿場2日目(10/8)  |  一覧へ戻る  |  10/9日帰りコース「落花生掘り」 >

同じカテゴリの記事

10/7-9御殿場2日目(10/8)

乗馬キャンプ2日目。牧場の朝は起床と共にひと仕事です。
6時30分には馬に朝ご飯をあげました。
20171008171256jpg
お腹の空いている馬たちが顔をグッと近づけてくることもあるので、子どもたちもドキドキが止まりません。


ひと仕事終えてからは子どもたちの朝ご飯。
その後は騎乗体験を始めるための準備として、馬を小屋から馬場へ移動させたり、鞍をはじめとする馬具を運ぶお手伝いをしました。
小学校3年生以上のメンバーは、ブラッシングにも挑戦。


10/7-9御殿場2日目(10/8)の続きを読む

10/7-9秋の焚き火キャンプ1日目(10/7)

本日よりスタートしました。
「秋の焚き火キャンプ」の様子をお伝えします。

奥多摩駅に着いたときのお天気は曇り。
まずは班ごとの自己紹介やルールを決める時間を取ってからお弁当を食べました。

キャンプ場へ到着する頃には晴れ間が広がりました。荷物をおろして、さっそく拠点作りの始まりです!

2班合同の調理班に分かれ、
ブルーシートや木の板、ビールケースなどを使って2泊3日快適に焚き火をして過ごせる秘密基地を作っていきます。

「屋根はこの場所に作って、ここは焚き火の場所にしよう!」
「じゃあテーブルと椅子はこっちにおくね!」
ペグとハンマーに心を奪われ、ひたすら地面に杭を打ち込むメンバーの協力もあり、立派な基地が完成しました。
DSC_0016-320x213.JPG


10/7-9秋の焚き火キャンプ1日目(10/7) の続きを読む

10/8-10御殿場2日目(10/9)

日付が変わってから時より強い雨が屋根を打ち付けていました。
何度か目が覚め、子どもたちも寝不足気味だったのではないでしょうか。
今日の天候は、午前中は雨。
午後には雨も上がり、スッキリ晴れとまではいきませんでしたが、
レインウエアを脱いで乗馬もできました。


朝食前にまずは馬へ朝ご飯タイム。
これまた当番制、今日は男子班が餌やりです。
眠い目を擦りながら、バケツを馬のお部屋へ。
お腹を空かせた馬が、首をぐーっと出してきます。
ビクビクしながらもどうにか餌やり終了。明日は女子の番ですね。


さてさて、雨が降ったり止んだりですが、乗馬のスタートです。
昨日騎乗した馬の名前を確認して、馬へまたがります。
集中力の話がありましたが、まさに集中力が試される場面です。
特に、会話が出来ない馬との乗馬は、手綱から伝わる気持ちと乗った時の表情や仕草で馬に考えが伝わってしまいます。
何も考えずに乗っていれば、馬は言うことを聞いてはくれません。
また、高学年は少し先の事まで考えて動かなければなりません。
そうすることにより、物事の先を考えて行動する、諦めない考える力がつくはずです。
非常に難しいことでしたが、乗馬が終わるとみんな真面目な目つきでお話しを聞いていました。
そういった、集中力やその様な真剣になる場面をたくさん経験できました。
午後には、少し走る班もあったりと、徐々に馬の操作にも慣れていきました。
image20161009_1.jpg


10/8-10御殿場2日目(10/9)の続きを読む

10/8-10御殿場1日目(10/8)

特急あさぎりに乗り子どもたちは御殿場にやってきました。
天候は曇り時々一時雨。少し肌寒い1日となりました。


宿泊場所でもあるビックマウンテンランチに到着。
早速乗馬体験のスタートです。
ヘルメットを被り、準備万端!どの馬になるかな〜とドキドキ。
馬の名前を教えてもらい、実際に乗ってみると想像以上の高さだったのではないでしょうか。
基本動作を教えてもらい、場内から外周へ。
道端に生える草は、馬にとっては美味しい餌。
食べられてしまう子どもたちもいましたが、無事に全員森の中を歩いて帰って来ました。
乗馬に大切な集中力、馬へ手綱を通じて伝わってしまいます。
明日はもっとうまくいくかな?
DSC_0113.JPG


10/8-10御殿場1日目(10/8)の続きを読む

10/10-12秋の自然楽校2日目(10/11)


昨晩から小雨が降っていて少し肌寒く感じる朝でしたが、熱々のポトフで体を温めます。
今夜は秋の夜祭りということで、お祭り子ども屋台を出店します。
その為に2つのグループに分かれてお店の看板作りや装飾などの準備を行いました。
かた抜き屋さんは看板の装飾にこだわり、カラフルなお花や可愛らしい絵が描いてあります。
2つ目のお店は射的屋さんで、割りばしを材料にゴム鉄砲作りや的作りなど夢中になって取り組んでいました。
この続きは夜のお楽しみ。

昼食後には空が明るくなり、雨もすっかり上がったので小さな秋を探しにハイキングへ(写真上)。
1時間半ほどの道のりでイモムシやヘビの赤ちゃん、とっても小さなキノコや大きなヒルなど色々な生き物と出会いました。
夕食は3種類のキノコと牛肉に大根おろしを入れたみぞれ煮を作り、秋の味覚をいただきました。
食後はお待ちかねの夜祭り。
それぞれ屋台の看板を出し、お客様へ案内の手順などを確認していよいよスタート。
子どもたちの「いらっしゃいませ~」の声があちらこちらに響きます。
特に射的屋さんには一度に大勢のお客さんが並び大盛況。
その横の型抜き屋さんでは、ねばり強いチャレンジャー達が真剣な眼差しで型とにらめっこ。
割れてしまった型は悔しがりながらも口にパクっと。
もじゃを店長に構えたフランクフルト屋さんは、なんと言っても肉の焼ける匂いで終始お客さんが途切れませんでした(写真下)。
どの屋台も大盛況で店を閉めることができました。

遊び疲れたようで、あんなに元気だった子どもたちはあっという間に寝付いてしまいました。
おやすみなさい。

にいやん


このページのトップへ