HOME > 現地レポート > 秋キャンプ(3連休) > 11/3-5山中湖2日目(11/4)

現地レポート

< 11/3-5山中湖1日目(11/3)  |  一覧へ戻る  |  11/5日帰りコース「酪農体験」 >

11/3-5山中湖2日目(11/4)

「ふれあい乗馬体験」2日目の様子をお伝えします。


朝食をモリモリと食べた子どもたち。
本日もホテルから徒歩5分の距離にあるクローバー牧場へ向かいます。


着いてさっそく馬のブラッシング。
8頭の馬を一斉に綺麗にしていくため、1人当たりの担当はたくさんあります。
朝の冷たい空気の中、汗をかくほど一生懸命ブラシでこすった後は馬房の清掃に取りかかります。
昨晩出たボロや汚れてしまったおがくずを丁寧に取り出していく作業です。
ボロが残っているとそれを踏んだ馬の蹄が腐ってしまうこもあるため、これも大切なお仕事です。
まだ使用できるおがくずを避けてボロだけを掻き出すにはコツが必要ですが、頑張ってボロを一輪車に運び、さらに軽トラックまで運びました。
DSC_1277-320x426.jpg


さて、掃除が終わったところで今度は軽乗と引き馬のチームに分かれて交代で活動することになりました。
軽乗チームは、まずは馬に飛び乗る練習。
先日と比べて格段に上達し、とうとう成功者も現れました!
そしていよいよ技の練習です。
「風車」という技を教わりました。あらゆる軽乗技の基本動作。
「風車のイチ!」
「風車のニ!」
「風車のサン!」
という掛け声にあわせて馬の上でクルクルと向きをかえます。
ただ回るだけだから簡単!かと思いきや、動いている馬の上でバランスを取りながら足を組み替えるのは至難の業。
みんな一生懸命練習をしていました。

一方引き馬チームは大きさの違う3頭の馬にまたがり、スタッフが引いて歩きます。
乗馬が初めての子も堂々とした振る舞いで馬に乗っていました。
最後に、放牧された馬に餌をあげてから自分たちもお昼ご飯の時間です。

一旦ホテルに帰ってリフレッシュをしてから午後の仕事が始まります。
午後の初めの流れは前日と同じ。馬が寝るための馬房準備と、餌づくりです。
1日たって、もはや慣れた様子で必要な道具を取りに行きテキパキと準備をしているのには驚きました。

ここ、クローバー牧場では、大人からのアドバイスはあれど、基本的には子どもが自分たちで考え動きます。
同世代のクローバーキッズの動きにも触発されて、自分たちの力だけで与えられた仕事をこなしました。

準備が終わり、今度は軽乗と乗馬の2つのチームに分かれます。
軽乗チームは新技を次々と教わります。
昨日の演技で見せてもらった「膝乗り」と「旗」という技。
止まっている馬の上で練習をしてから、歩いている馬で練習。
だんだんと馬の動きにあわせてポーズを決めることが出来るようになっていました。
DSC_1289-320x426.jpg

乗馬チームは、先ほどの引き馬とは違いみんながそれぞれ手綱を握って馬を操っていきます。
止まれの指示や、曲がれの指示。
軽乗とは違って、馬の上にいる人がちゃんと指示を出さないと馬は思った通りに歩いてくれません。
乗馬と軽乗はどちらも集中力が必要ですが、全く違うものなんだということを身をもって体験できました。
馬に餌をあげてから1日の体験はおしまいです。

牧場からの帰り道には、「来年もまた来たい!」「明日も楽しみだね」と話してくれる子が何人もいました。
ホテルにて入浴と夕食を済ませると、明日の体験のために荷物整理を行ってから就寝しました。

疲れが出たのか布団に入るとあっという間に寝息をたてていました。
明日も目一杯遊んでから帰ります。お子様の帰りを楽しみにお待ちください。

つんたん


カテゴリ:

< 11/3-5山中湖1日目(11/3)  |  一覧へ戻る  |  11/5日帰りコース「酪農体験」 >

同じカテゴリの記事

11/3-5山中湖1日目(11/3)

新宿から出発したバスは、渋滞箇所はあったものの、予定通り12時にホテルに到着しました。
お昼ご飯を食べてさっそく牧場へ出発です!


今回お世話になるクローバー牧場のオーナーの志村さんと、軽乗のお手伝いをしてくれるクローバーキッズとご挨拶をしました。
クローバーキッズの子どもたちは、この牧場で馬のお世話と乗馬や軽乗の練習をしています。
初めに、クローバーキッズによる軽乗の演技を見せてもらいました。


「同い年くらいなのにあんな技が出来てすごい!」
話に聞いていた「馬の上で組体操」というイメージからかけ離れ、駆け足で走る馬に飛び乗って技を決める迫力にみんな驚いている様子でした。
3日後にはみんなもカッコいい演技が出来るようになっているでしょうか。乞うご期待ですね!


さて、軽乗とは円形に走る馬の上で行う体操競技のこと。
かつてはオリンピックの競技となったこともあるそうです。
軽乗をするためには馬と親しみ、馬のことをよく知ることが必要になります。
演技を見たあとは2つのチームにわかれて交代で馬のお世話をすることになりました。
まずは、ブラッシングをしながら志村さんの出すクイズに答えていき馬の身体についてお勉強をするチーム。
「馬の足ってどうなっているんだろう?」「親指はどこにある?」
子どもながらの質問も交えながらブラッシングを通して馬に触れ、実際にすると危ないこと、危ないからこそ注意して行うことを学びました。


もう一方は、馬房の準備や餌づくりをするチーム。
クローバーキッズに教えてもらいながら、馬房におがくずを敷き、馬ごとに異なる餌や分量を準備をしました。
DSC_1261-320x426.jpg


11/3-5山中湖1日目(11/3)の続きを読む

10/7-9小菅村2日目(10/8)

雲一つない快晴で迎えた小菅村。「たき火キャンプ」2日目の様子をお伝えします。
日の出とともに起きた子どもたち。リーダーのおはようの声を合図にさっそく自分たちのタープの下に集まりました。
本日の朝食はホットサンドです。もちろん朝から焚き火をします。
パンを焼いて、温かいココアと一緒に食べたら今日も元気に過ごせること間違いなし。


ゆっくりとした時間を過ごしてから午前中のプログラム、エッグキャンドル作りに移りました。
エッグキャンドルは、ろうそくを砕いて湯煎で溶かし、そこにクレヨンでお気に入りの色を付けてから卵の殻に流し込むというものです。
リーダーにキリで卵に穴をあけてもらってから、ろうそくを砕いたり、クレヨンを混ぜたり、卵の殻にお絵描きをして作りました。
色の違うろうそくを何層もいれることで縞模様のキャンドルを作った子もいて、どれも色とりどりの素敵な作品になりました。
ロウが固まるのをまって完成です。


さて、お昼のメニューはパンケーキです。
高学年の子に手伝ってもらいパンケーキを焼いたら、ジャム、バナナ、チョコ、ホイップクリーム、ケチャップなど好きなトッピングをしていただきます。
パンケーキ焼き場はおかわりの長蛇の列となりあっという間の完食でした。


お腹いっぱい食べた後は、薪を探しに探検にいくことにしました。
川原に乾いた流木がありそうと目星をつけて、道中に落ちている薪を拾いながら歩いて行きました。
成果は上々、さっそくキャンプ場に戻ると今度は火おこし体験です。
舞切り式の火起こし器やメタルマッチを使って火を起こす体験をしました。
DSC_0315-320x213.JPG


10/7-9小菅村2日目(10/8) の続きを読む

10/7-9御殿場2日目(10/8)

乗馬キャンプ2日目。牧場の朝は起床と共にひと仕事です。
6時30分には馬に朝ご飯をあげました。
20171008171256jpg
お腹の空いている馬たちが顔をグッと近づけてくることもあるので、子どもたちもドキドキが止まりません。


ひと仕事終えてからは子どもたちの朝ご飯。
その後は騎乗体験を始めるための準備として、馬を小屋から馬場へ移動させたり、鞍をはじめとする馬具を運ぶお手伝いをしました。
小学校3年生以上のメンバーは、ブラッシングにも挑戦。


10/7-9御殿場2日目(10/8)の続きを読む

10/7-9御殿場1日目(10/7)

本日より秋の乗馬キャンプが始まりました。
特急ロマンスカー(あさぎり)に乗って御殿場まで大移動。


ビックマウンテンランチに到着してからは、早速乗馬をするための着替えや約束事を確認し体験を始めます。
学年や乗馬経験を考慮して割り振った乗馬班ごとに、30分間の騎乗体験とボロ取り(馬小屋掃除)を行いました。
期間中に合計4回の騎乗を予定しているので、本日の1回目は場内での基礎練習に重点を置きます。
20171007173811jpg


10/7-9御殿場1日目(10/7)の続きを読む

10/7-9小菅村1日目(10/7)

本日よりスタートしました「秋の焚き火キャンプ」の様子をお伝えします。


奥多摩駅に着いたときのお天気は曇り。
まずは班ごとの自己紹介やルールを決める時間を取ってからお弁当を食べました。
キャンプ場へ到着する頃には晴れ間が広がりました。
荷物をおろして、さっそく拠点作りの始まりです!


2班合同の調理班に分かれ、ブルーシートや木の板、ビールケースなどを使って2泊3日快適に焚き火をして過ごせる秘密基地を作っていきます。
「屋根はこの場所に作って、ここは焚き火の場所にしよう!」
「じゃあテーブルと椅子はこっちにおくね!」
ペグとハンマーに心を奪われ、ひたすら地面に杭を打ち込むメンバーの協力もあり、立派な基地が完成しました。
DSC_0016-320x213.JPG


10/7-9小菅村1日目(10/7) の続きを読む

このページのトップへ