HOME > 現地レポート > 夏休みサマーキャンプ > 8/11-14西伊豆1日目(8/11)

現地レポート

< 8/11-14小菅村1日目(8/11)  |  一覧へ戻る  |  8/11-14西伊豆2日目(8/12) >

8/11-14西伊豆1日目(8/11)

IMG_1117.JPG


もじゃ


カテゴリ:

< 8/11-14小菅村1日目(8/11)  |  一覧へ戻る  |  8/11-14西伊豆2日目(8/12) >

同じカテゴリの記事

8/11-14小菅村3日目(8/13)

小菅村キャンプも3日目になりました。
本日の様子をお伝えします。


お天気は晴れて、暑くなりそうな予感。
今日はみんなで大寺山の山頂にある仏舎利塔までハイキングに出かけることにしました。
水筒に水をたっぷり入れて、おにぎりを持つと、元気が出るようにおやつを1つ持って出発です。
まずは登山道入り口まで歩いてきます。
「ここが昨日見たケモノ道かー!」と先日のナイトハイクで通った道を覚えている子もいました。
登山道まではアスファルトの道を歩いていきます。
杉の木に、宿り木が巻き付いているのをみんなで観察したり、虫や生き物探しをしながら歩きました。
DSC_0825-320x240.jpg


8/11-14小菅村3日目(8/13)の続きを読む

8/11-14西伊豆3日目(8/13)

今日も曇り空で1日が始まりました。
朝食を食べて、バスに乗り約25分で海に到着しました。
海に着くと気温は27度位で湿度が高く蒸し蒸しとしています。


早速、昨日と同じように小学生班はスノーケリングで堤防の突端まで行きました。
昨日と同様「ウニを採って」との声が上がり、私とリーダーのアジでウニを採り、試食会が始まりました。本当に大人気です。
その後、中学生もウニ採りに挑戦。小さいサイズながらも頑張って採っていました。
その他では、筏に乗ったり、カニ汁を作ろうということで、カニ捕りに夢中になっている男の子もいました。
女の子は筏遊びが人気でした。
幼児班は筏に乗ったり、ボディーボードの上に乗って「サーフィンだ!」と言って楽しんでました。
IMG_1127.JPG


朝から曇り空でしたが、おにぎりの昼食を食べ始める頃になり、陽が差し出しました。
午後も引き続き海遊びです。


8/11-14西伊豆3日目(8/13)の続きを読む

8/11-14小菅村2日目(8/12)

お待たせいたしました。小菅村2日目の様子をお伝えします。


ひんやりとした空気の朝、子どもたちは元気に起きてきました。
朝ごはんを食べながら今日の予定について作戦会議です。
子どもたちのやりたいことを聞いた結果、午前中は釣りか、森に入って遊ぶかどちらかを選ぶことになりました。
それぞれ自分の準備をしてから集合します。


釣り組は、えさのブドウ虫を竿に取り付けることから始めました。
おそるおそる針に虫を取り付けていく子どもたち。
2人組や3人組にわかれて、それぞれ魚のいそうなポイントをめがけて釣り糸を垂らします。
みんな川の流れを真剣に眺めて集中していました。
DSC_0793-320x240.jpg


8/11-14小菅村2日目(8/12)の続きを読む

8/11-14西伊豆2日目(8/12)

今日も朝起きると雲の中で、今日は曇りかなぁと思っていましたが、朝食後バスに乗って海に行くと、やはり曇り空。
でも気温は高く、早速小学生班はマスク、フィンの使い方を習って堤防の突端まで泳いで行きました。
今日は少し水温は低めでしたが、透明度は良くソラスズメダイ、オヤビッチャ、カゴカキダイなどを見ることができました。
またムラサキウニが多く、子どもたちにも試食してもらいました。
「すごく美味しい」「甘い」「初めて食べた」などの感想も聞かれ大人気でした。
幼児班は筏に乗ったり、海に漂ったり砂浜で遊ぶことなくずっと海に入っていました。


お昼近くになると雲の間から太陽が出て気温も上昇して来ました。
サンドウイッチの昼食を食べて午後もずっと海に入ります。
蟹を捕まえる子、ひたすら潜る子、スノーケリングをする子、筏に乗る子、班ごとに様々に遊んでいました。
水温が高くなってきたのでみんなずっと海に入っていました。
IMG_1122.JPG


8/11-14西伊豆2日目(8/12)の続きを読む

8/11-14小菅村1日目(8/11)

本日出発の小菅村キャンプの様子をお伝えします。


渋滞のためキャンプ場への到着は30分ほど遅れましたが、バス内でのレクリエーションは大盛り上がり。
みんなとても反応が良く、リーダーの問いかけに大きな声で応えてくれます。
終始笑いの絶えない、にぎやかな雰囲気の中キャンプ場につきました。


お天気が心配でしたが、雨に降られることもなくまずは班ごとに散策。
キャンプ場の使い方を確認してからアイスブレーキングゲームをしました。
アイスブレーキングゲームとは緊張した気持ちをほぐし、仲良くなるためのゲームです。
最初のゲームは「ネームトス」、名前を呼びながらお友達にボールを渡していきます。新しいお友達の名前を呼ぶのは恥ずかしいことですが、打ち解けていくためのきっかけになります。
続いては、「拍手で集まれ」です。
「好きなおにぎりの具」で集まったときは、明太子派と明太マヨ派など、こだわりによって細かく分かれていたのは面白いですね。
「将来の夢」では科学者や消防士、ゲームクリエイターなど、みんなのなりたいものを知ることが出来ました。
「大きくなったら恐竜時代の怪獣になる!」ということで意気投合した幼児さんグループもいました。


さて、シャワーを浴びてから野外調理の時間です。
DSC_0752-320x240.jpg


8/11-14小菅村1日目(8/11)の続きを読む

このページのトップへ